--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Thu.

TOMBIの咳の原因

(今日の記事、長いです)
過去数か月、ここでも何度かとんびが咳き込むと書いてきました。
6月頭位から始まった咳。なかなか原因を突き止められず有効な対処法も見いだされず10月になってしまいました。
9月、10月は咳が酷くなって本当に悩みました。ホメオパシーの先生も真摯に対応してくれていたものの、これといった緩和に繋がらず。ある日とんびの咳き込んだ時に出した粘膜に血が混じっているのを見て半パニックになった私は家の目の前の動物病院に抱えて連れ込みました。その時診察担当していたのは今まで会ったことない若い女医さん。大学出たて?に見える若さ。大丈夫かなぁ・・・と偏見で一抹の不安があったのですが、順番を待っているときに診察終えて出てきたプードル連れのおばさんと立ち話。16歳の子の診察は最近はもっぱらこの先生にお願いしてるの。とっても丁寧に見てくれて信頼できるいいお医者だよ、と太鼓判くれました。この人自身この医院には20年世話になっているそうで。
t10.jpg
すぐにとんびの番。咳のこと、今までの治療の経歴を伝えました。すぐに聴診器でじーーーーっくり心臓の音を聞いていました。目を瞑って全神経音に集中している様子。Dr.Vertesです。

tombi clinique (1)
今回お世話になった動物病院。家から徒歩20秒。
結果、心臓に雑音があること、ポンプ力が弱まって水分がうまく循環できない音がする、と。肺にも水分の音がする。よって心臓に問題があり、おそらくそれが咳の原因でしょう。アレルギーが咳を引き起こしている可能性はゼロではないけれど、まずはこの心臓の負荷を軽くしてあげてそれから必要に応じて次の手段を考えましょう。と、論理的に丁寧に説明をしてくれました。とても納得いく説明と真摯な姿勢に胸が軽くなった気持ちでした。咳が出始めて実に6人目のお医者です。早速体の循環できずにたまっている水分を出す薬(Furosemide)を筋肉注射し(とんちゃん針指したら「ぴえーーーー」)、心臓のポンプ活動をサポートするCardalisという錠剤が処方されました。

t18.jpg
その日の午後は謎の水たまりが家のあちことに。(後で聞いたら我慢できずに出てきたおしっこだそうで。後にも先にもおもらししたのはこの日だけだったけど)心臓と肺の余分の水分が出たのでしょう、数時間で咳が劇的に収まり、本人(犬)もとても楽そう。その様子を見て私たちも本当に心底ほっとしました。心臓が悪いことが確定した悲しみやショックよりも、咳の苦しみから楽になったことの喜びが大きかった、そんな一日でした。その日を境に咳がほとんどでなくなって皆でよく寝れるようになりました。散歩も足が軽々だし。これは心臓確定だな・・・と思いました。

その日全く違う2つのソースから心臓エコーのスペシャリストの先生の話を聞きました。よし、こうなったらセコンドオピニオンと事実確認の為にその先生にも会おう、と予約を入れました。同じ13区のレヘル通り、14番トラムのHun utca駅の前にある大型動物病院です(24時間営業)。ここのDr.Vrabelyが評判高い心臓エコーの専門。Dr.Vertesもここでエコーやレントゲンを撮ってもらってもらって確認するのはいい考えだ、と同意してくれました。
Dr.ヴラベーリはとんびを見るとすぐ自分も同じ色のプードルを飼っている、と携帯から犬の写真を見せてくれて和みました。経歴を話した後、診察台に横たえたとんびの四肢を私が抑え、先生は手際よく見るからに高性能な超音波の機械で診断。心臓画像は(私でも分かるくらいはっきりと)弁膜が上手く作動していない、よって血液の流れがスムーズに行かない分心臓に負荷がかかる状態、心臓弁膜症(日本語では心臓僧帽弁閉鎖不全症になるのかなぁ)と診断がくだりました。先生は薬を飲んで症状を抑えてあげれば長く生きれるよ、と言ってくれました。その他に気管虚脱の可能性もあるから、レントゲンに回しましょう、と。
tombi clinique (2)
とんちゃんなんと初レントゲン。(この画像はメールで送られてきました)レントゲンのお医者さんは隣の部屋でこれまた専門家でした。結果気管虚脱は無い、肺も大丈夫、とお済をいただきました。検査代は超音波とレントゲンのお医者さんにそれぞれ9500フォリントお支払い。(それぞれ約3000円)

t26.jpg
現在はFurosemideの錠剤1/4錠を一日二回とCardalisを夕食時に一錠で状態は安定しています。
原因を突き止めて対処してくれるお医者さんに出会えて本当によかったです。
これから一生薬を飲み続けないといけない病気になってしまい悲しいですが、上手に症状をコントロールしながら穏やかに余生を過ごしていってほしいです。
ネットを調べると心臓に負荷がかかるのが一番よくないから運動もさせない、という書き込みもありました。でもヴェルテシュ先生は食べることでも散歩でも犬が好きで積極的にすることならさせても問題はない、と言ってくれたのでご飯も散歩も今まで通り。散歩に至っては咳が出ないことが本人の自信に繋がったのか、今までより意気揚々と歩きまくっています。心臓病のおっちゃんとは思えないほど足取り軽い。

そんなとんびの近況です。
自分の覚書も兼ねて書いたので長文になってしまいました。
読んでくださった方ありがとうございました。

もしブダペストで信頼できる獣医をお探しの際には一報ください。詳細お教えします。


ランキング参加中★ 


  
クリック応援ありがとう♪
  


にほんブログ村


スポンサーサイト
21:14 | TOMBI | comments (2) | edit | page top↑
Sun.

とんびの咳事情 

6月頃から始まったとんびの咳。ここの記事で書きました。
その後気管虚脱を疑って飼い主暗くなったりしていましたが(7月前半)オーストリアに行って咳が止まりました。が、ブダペストに戻ってしばらくしたらまた咳き込み始めて次第に咳の発作が始まると止められなくなってつらそうだったので家の近くの別の獣医さんに駆け込みました。先生にそれまでの様子を話すと、この子はブダペストの空気のなにかしらにアレルギーがあって炎症しているんだと思う。抗生物質は不要だと思うけど咳が楽になるように抗炎症剤を注射しておくね。でもアレルギーなら注射の効果がきれたらまた咳すると思うよ。と言われました。注射の後から咳はぱったり止まり本人も楽そう。
二週間ほど過ぎるとまた徐々に咳をしだしました。いくら楽そうでも毎度抗炎症剤を注射するわけにはいかないので悩んでいました。

いろいろ検索していくうちにホメオパシーの獣医さん情報をゲット。早速メールで相談します。
タカーチ先生はとんびの咳の歴史から普段摂取しているもの、血液検査の結果まで求めてきてとんびの全体の様子を把握しようとしていました。その様子に感銘を受けて診察をお願いしました。どこか別の町に住んでおられるらしくブダペストの診察所には週に3日しかも夕方数時間しかいないので予約を取るのがなかなか難儀。その間にも咳の発作は激しくなるし。

やっと診察の日が来た。
IMG_1813.jpg
タカーチ先生は落ち着いた優しい雰囲気のおばあちゃん先生でした。ハンガリーでは1990年までホメオパシーは禁止されていたそうです。共産時代が終わり禁令が解かれてすぐホメオパシーの講習会に出て治療に取り入れるようになったいわばハンガリーのホメオパシーのパイオニアです。ゆったりとんびを観察しながら私の話す様子を紙に書き留めていってました。先生の見立てもアレルギーによる喉の炎症と精神的な原因が半々位ではないか、と。人間の小児喘息も半分以上は精神的な事が影響しているというしね、と先生。(小児喘息持ちだった私も妙に納得)

IMG_1814.jpg
診察台の上でライトセラピーの機械に充てられるとんび。(特殊ライトが深いところまで到達して細胞レベルで影響するらしい)最初怖がって逃げようとしていたけど気持ちいいということに気付いたらしく後半リラックスしてました。なにこの機械、ほしいかもw

P1030243.jpg
一時間半のじっくり診断でホメオパシーの咳対応のシロップを処方してくれました。特に測ることもせずその場で空き瓶にどばどばどばーっと二種類液を調合w 大きいほうの瓶は咳対応。一日3回、食事の時間とずらして10滴与えます。毎度あげる前に瓶の底を手のひらに10回叩き付ける。電磁波から一番遠いところに保管する。ホメオパシーの世界、初体験です。隣の小さいほうの瓶は血液検査の結果を見て腎臓が若干弱っているからそれ対策。アーユルベーダのスーパーリブという犬用の自然薬。食事に10滴振りかけます。どっちもそれぞれ決まった日数を与えた後に数日の休憩の日も設けられました。左の瓶(と箱)はその辺の薬局どこにでも売っているドイツ製の咳止めシロップです(人間用)。咳の発作がまだ酷いのを受けてタカーチ先生にこれも与えるように指示されました。一日3回、一回5ml。

あとこれは目から鱗だった先生に指摘されたこと。自分が接種するようになって手の主婦湿疹が治ったり風邪を引きにくくなったりで定期的に(というか毎日)接種していたハンガリー産のミネラルサプリのベーレシュチェップ。自分にこんなにいいんだから、ととんびにも犬用のベーレシュチェップを毎日5滴食事に振りかけて与えていました。そのことをタカーチ先生に話すと、それはダメ。2週間与えたら1週間休む、などちゃんと休む期間も入れないと腎臓が疲れてしまう、と。はっとしました。先生に会ってから私もとんびもベーレシュチェップは一か月お休みです。知らないって怖い。先生に会えて(私も)よかった・・・。とんびだけじゃなく私も診察してほしい・・・人間は診ないのかな?笑

咳の発作はまだ時々でるけど、以前より少しずつ軽くなってきているのを実感しています。でもまだ発作が出ると辛そう。

咳込んでいるときの様子。


ランキング参加中★ 


  
クリック応援ありがとう♪
  


にほんブログ村




12:10 | TOMBI | comments (0) | edit | page top↑
Fri.

ハーネス作成

ちょっと前にとんびが一日に何度か空咳をするようになり。もっと厳密にいうとケッ、ケッと数回のどのつかえを取るようにした後、歯磨きをしているお父さんのように「おえー」っとなる症状がしばらく続いたので(一日4,5回)動物病院に連れて行きました。のどに何か刺さったか詰まったかしたのかなーと思い。
症状を説明して、その動画を見せると先生は心臓を聴診器でチェックし。「うーん、若干雑音があるね。でも年齢を考えたらそんなに異常というほどでもない」。で、「心臓ウルトラサウンドの専門家がいついつ来るから予約入れる?一度チェックしてみたほうがいいよね」、とどんどん話が進み。えっとそれって咳と関係あるんですか?「多分ない」。で咳対策には一応三日分の抗生物質と炎症止めを注射しておくから、とあっというまに背中にぶちっと刺されました。本人(犬)多分気づいていないくらい早業でした。
ちょっと強引?と若干引き気味の私でしたが、結果的にそれから咳はぱったり止まりました。

心臓の雑音のことも気になるし、ここらでちゃんと健康診断をしてもらおう、と話し合って病院再訪。歯や目を見た後採血。針刺したときちょっと「ぴえっ」と泣いてましたが終始おとなしくしてました。血管が少し年取ってるといわれて切なくなりました。
翌日には血液検査の結果を伝えられるから、と言われ心臓エコーの予約もあったので大雨の中再訪。エコーの台に横向きに乗せてオットと私で押さえつけて先生は心臓とお腹と喉のあたりを丁寧に診てくれました。
結果心臓は心配するには至らない。血液検査は肝臓の数値が若干高めだけどこれもそれほど気にしなくていい。肝臓にいいサプリを出すから一日一回飲ませて。エコーと血液検査とサプリで〆て35000フォリント。
とりあえず差し迫った心配はない、とのことで一安心でした。

それから二週間たったころからまたちょっと「おえっ」とやるようになりました。でも回数は一日1度か2度。前よりはずっと軽い症状だけど気になって調べたら気管虚脱という言葉がひっかかりました。プードルに多いとか老齢犬に多いとか。若いころからとんびは固いおやつを喉に引っかからせておえっとなりやすかったので気管が弱目なのかな・・・と思っていました。今の症状はきっとまだ心配するには及ばないのだろうけど、カラーよりハーネスのほうが負荷が減るとも読んで、早速日本から持ってきていた材料で作りました。
harnes1.jpg
ハーネス。穴開けたり金具付けたりの作業が割と好き。子犬のころからカラーはよく手作りしていました。

harnes3.jpg
途中何度も試着させられているため、出来上がりの装着にはもう辟易の赤獣。

harnes2.jpg
「まだなわけー?」
もうちょっと嬉しそうにして?
夕方これで散歩に行ってみます。


ランキング参加中★ 


  
クリック応援ありがとう♪
  


にほんブログ村
11:07 | TOMBI | comments (4) | edit | page top↑
Wed.

二匹のマツコ

先日ブダペスト在住のリル君と一緒にお散歩してきました。
マツコ(ハンガリー語で小熊)が二匹w 通りゆく人の笑顔率がやたら高かった午後。
P1010822.jpg
リル君6歳。とんびより一回り小さい子。二匹の色が同じ。揃って歩いていると大小兄弟みたいw
リル君、お尻がプリーン、お腹がポーンでめっちゃ可愛いです!
調子乗ってママに抱かれたときポーンのお腹を撫でまくってると横目で冷めた視線を送ってきますw とんびそっくり!

P1010807.jpg
小さいけど男っ気がある子。「ケリッ、ケリッ」

P1010808.jpg
性格ややることがとんびとよく似ていて笑っちゃいました。
不思議と会った瞬間からお互いすんなり認めあってつかず離れずマイペースでお散歩。時々お互い匂い嗅ぎあったりして意識しながら。その昔、とんびが弟犬のマロ君に会った時と反応の仕方が同じ。色形が同じでどこかで兄弟と思っているのかも。

P1010804.jpg
「ちっちゃい弟ができたぜー」

P1010821.jpg
このカメラを見なさ加減もそっくりw

P1010816.jpg
リ・と 「カメラいい加減にしてほしいし」
たくさん撮ったけど二匹そろった笑顔は撮れませんでしたー!またの機会に再トライ♪

サバチャグ広場近くのLiberteというカフェに入りました。
P1010823.jpg
広い空間が開放的で居心地よかった。

P1010830.jpg
リル君、これからもよろしくねー!楽しい時間をありがとー!



ランキング参加中★ 


  
クリック応援ありがとう♪
  


にほんブログ村



19:37 | TOMBI | comments (2) | edit | page top↑
Mon.

ツチノコ犬

オットが撮った美味しい顔、良く撮れてるなーと思う。
DSC_0007_20141021030026592.jpg
夜のお楽しみのミルク棒。(我が家通称。牛皮棒にチキン巻いたヤツね) 
DSC_0005_20141021030025a93.jpg
これがほしくて夜はそわそわ。「ミルク棒?」と聞くときゃんきゃんぎゃんぎゃん賑やかに「YES!!」アピール。
DSC_0001_20141021030022c5d.jpg
もらった後は静かに一人堪能されてます。
DSC_0002_20141021030024695.jpg
その姿はまるでツチノコ。
DSC_0023_2014102103002849e.jpg
ちょっと前だけど・・・マルギット島の大規模花壇の一角が季節終わって根こそぎされていた所に出くわし、まだ充分綺麗な花を数本いただいてきて活けた秋色ブーケ♪

この10月はいつになく穏やかで温かい日が続いています!本日20日、日中20度越えの秋晴れ。ほんっとうに気持ちいい!!ずっと続いてほしい―。

19:08 | TOMBI | comments (1) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。