--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Sat.

メルク Melk

両親とのオーストリア・ミュンヘンのドライブの旅の最後。両親はミュンヘンから電車に乗って日本へ飛び立つ街まで。我らはここから家路につくけれど、一日で走破するには若干遠いため中間地点で一泊。
DSC_0046_20110702181951.jpg
これはオーストリアのリンツ。中間地点宿泊地までの中間地点で高速下りて休憩。ここに友人が住んでいるんだけど急に決めた訪問だったし短時間しか滞在できないから今回は連絡せず。センターをさらっと見物してカフェでコーヒー飲んで終わり。
DSC_0056_20110702181949.jpg
カラフルな家が並んでかわいい旧市街。
DSC_0049_20110702181951.jpg
中心の広場。
DSC_0052_20110702181950.jpg
花が可愛く植わってて。ラナンキュラスがいっぱい。
DSC_0057_20110702181948.jpg
駆け足だったけど、リンツでも記念写真撮っておこうかね。
一路目的地のメルクへ。
DSC_0059_20110702181947.jpg
メルク到着。ホテルにチェックインして早速散歩に繰り出す。
古くて巨大な修道院が高台に建っていることで有名らしい。
DSC_0060_20110702185127.jpg
ほら、長く巨大。
DSC_0066.jpg
やっぱりイースター休暇で街は静か。でも静でかえっていい。
DSC_0081_20110702182137.jpg
とりあえず撮るw ライオンだし。
DSC_0089_20110702182136.jpg
こんな小道を入って階段を登っていく(観光客中華ファミリーの後を着いていく)。
DSC_0092_20110702182135.jpg
登ってきた階段を振り返るとあらステキ。
DSC_0094_20110702182134.jpg
修道院が建つ高さまで上り。綺麗に管理された庭園とそこからの眺めがいい。
DSC_0096_20110702182134.jpg
てへっ
DSC_0100_20110702182302.jpg

DSC_0105_20110702182302.jpg

DSC_0114_20110702182301.jpg
下山してまた中心街へ。といっても小さな小さな街で栄えているのはこの道くらいかと。
街の外れにドナウ川の支流が流れていて橋を渡ってみる。
DSC_0118_20110702182300.jpg
終始ゴキゲン。
DSC_0121_20110702182300.jpg

DSC_0123_20110702182433.jpg
緑の広場があった。広場を見るとやらずにはいられないことを。肩車して犬息子を連れ去る。
DSC_0127_20110702182432.jpg
さらに遠くに。
DSC_0128_20110702182431.jpg
充分離れたら放出。弾丸君が帰ってくる。もう薄暗くてこの早いイキモノをカメラで捕らえるのは無理。ぶれぶれ。
TOMBI~1
でも楽しく走る様子は伝わるかとw。
DSC_0129_20110702185126.jpg
帰ってホテルのレストランでディナー♪全然期待しないで立ち寄ったメルクだったけど思いのほか良くて大満足。
ホテルのご飯も美味しいし。しばしの食べ収めにガーリッククリームスープとホワイトアスパラオランデースソース掛け。ヴァイツェンビアと。

翌日ブダペストに無事到着。長かった旅記、これにて完。
スポンサーサイト
10:46 | 2011Austria/Germany | comments (4) | edit | page top↑
Tue.

ミュンヘン2

ミュンヘン2日目、ランチに目指したのは…
DSC_0098_20110619185824.jpg
ラーメン匠ミュンヘン店! Jさんから情報いただくまでまさかミュンヘンにラーメン屋があるとは全く知らず。匠本店デュッセルドルフ店で感動したのを覚えていて。美味しかったです。(自分覚書:今回は醤油だったけど次回は塩で!)寿司だと大きな街では割とどこでも食べれるけど、美味しいラーメンというととても限られる、海外在住者にとっては貴重な存在なのでは。少なくともラーメン好きの私には貴重も貴重。ブダペストにも招致したい!
DSC_0099_20110619185823.jpg
店内もすっかり日本で。ドイツにいることを忘れそう。
お腹と気持ちが満たされた後は部屋に戻り休憩。夕刻にまた街に繰り出す。
DSC_0088_20110619185825.jpg
マーケット付近のビアガーデン。すっかり出来上がったおじさん達が…w
DSC_0093_20110619185824.jpg
マーケットでは旬の白アスパラが売っていて。前回のドイツの旅では白アスパラのドイツ語のspargelを知らず、レストランでスパーゲルクリームスープというメニューを見てウェイターさんに「スパーゲルってなんですか?」とアホ丸出しな質問をしたのを思い出す。そのお兄さん、英語が苦手だったようで一生懸命考えた末「フルーツの一種みたいなもんです」と。「え~~、フルーツ?何の?フルーツクリームスープ??おえ~」とA&Y達と頭の中にハテナが浮遊。ハテナは取れないままなのに頼んでみたら、何の事は無いアスパラガス。もう単語spargel,シュパーゲルは忘れまい。
DSC_0104_20110619185856.jpg
ミュンヘン情報くれたブロガーさんに会えるかな~とマーケット周辺をうろうろ。こちらのステキなキッチン雑貨屋さん、楽しかった。
DSC_0124_20110619185855.jpg
目指すビアホールへの途中。この一画ステキだなぁ。そして、
DSC_0130_20110619185854.jpg
目指したビアホール、Hofbräuhaus到着。ミュンヘン来たら絶対また来る、と心に決めていたオット。ここが相当ツボなようで。
DSC_0128.jpg
しかし、すごい人。あ、ツェッペリンだ。

DSC_0134_20110619185854.jpg
物凄い人の入りで広い店内3周してようやく座席確保。物凄い混んでいる割にはオーダーがすんなり運ばれてくるのが気持ちいい。まずはビール♪
DSC_0137_20110619185854.jpg
当然一リットルな人。
DSC_0145_20110619185943.jpg
ソーセージや
DSC_0146_20110619185942.jpg
ハジメ人間ギャートルズ的なものなど。
DSC_0149_20110619185942.jpg
嬉しそすぎな方(笑)
大満足♪
食後は散歩しながら帰途につく。
DSC_0160.jpg
途中マリエン広場でストリートミュージシャンが奏でる音楽に立ち止まる。
DSC_0161_20110619185941.jpg
聞き入る人々。
DSC_0164_20110619185940.jpg
聞き入る人。
DSC_0166_20110619185954.jpg
更に道中別のミュージシャン。こちらは元気なお兄さん達。ギャラリーものりのり♪
楽しいミュンヘン最後、両親との旅の最後の夜でした。

最後に、ミュンヘン情報をくださったJさん、本当にありがとうございました!
今回はJさんの情報が無かったら知り得なかった所に沢山行けてたのしかったです♪
23:11 | 2011Austria/Germany | comments (2) | edit | page top↑
Sun.

ミュンヘン1

両親との旅の最後の街はミュンヘン。やっとたどり着いた~。
と思ったらイースターホリデーで街は閑散としてる。車が少なくていいけど、店も閉まってるところだらけ(涙)
でもとりあえず着いたらランチに行こう!と思っていたお店は開いていたからほっ。
DSC_0001_20110619185605.jpg
Augustiner。前回友人A&Yと旅した2009年にもここ来たね。ビール醸造所経営レストラン。私はもちろんヴァイツェンビア(白ビール)で。く~~~、んまいっ。
DSC_0006_20110619185605.jpg
アスパラの季節だったので当然の如く。オランデースソース掛け。幸せ。ミュンヘン来たら当然weissbrust白ソーセージも。
DSC_0012_20110619185604.jpg
食後はふらふら中心街を散歩。マリエン広場。
DSC_0020_20110619185604.jpg
ここ名称分からず。王宮近くのミュンヘンのライオンとまたもツーショットw。
DSC_0028_20110619185603.jpg
ホーフガルテンでアラベスク。
DSC_0040_20110619185603.jpg

DSC_0041_20110619185638.jpg
在住ブロガーさんが親切に見所スポットを地図に印して教えてくださり。それを頼りに目指した行列のできるアイスクリーム屋。わ、本当に行列だ。
DSC_0044_20110619185638.jpg
並んだ。アイス屋脇に停めてあった三輪車。これじゃ荷台は使用できないね。
DSC_0047_20110619185637.jpg
私はまたもマンゴーとヨーグルト。んま~い。
DSC_0049_20110619185636.jpg
アイスやから道路はさんで向かいにある(多分)ライブラリーのカフェテラスに座ってコーヒーを頼みつつアイス持込でいただき。ライブラリーの外壁凝ってた。
DSC_0050_20110619192542.jpg
そこからふらふらピナコテークエリアを歩いてみる。
DSC_0057_20110619185636.jpg
またもライオン発見。ライオン見ると反射的に並べてしまう。
DSC_0052_20110619185636.jpg
ピナコテークでもアラベスク。
DSC_0067_20110619192543.jpg
そこにいたジャックラッセル君。上手に挨拶できる子。さすが、ドイツの犬だね。
DSC_0065_20110619185717.jpg
アウェイではうちも割とひかえめで。
DSC_0075_20110619185717.jpg
こんなギリシャ的な建物の前を通り過ぎてホテルに帰っていきましたとさ。いっぱい歩いた~。

翌日。両親がバス観光している間マーケット方面へ。
DSC_0081_20110619185716.jpg
Isartor門から歩いて。
DSC_0082_20110619185715.jpg
オーガニックスーパー。下が食品、二階がコスメ、衣料など。見ごたえあって楽しい。
DSC_0084.jpg
そこからマーケットに向かって歩き。
DSC_0086.jpg
以前友人と来た時泊まったのはこの辺。懐かしい。

夕方再度TOMBIも連れて以前泊まったホテル近くに行ってみた。
DSC_0087_20110619185825.jpg
マーケット付近から「ボクここ知ってる!」と反応。ぐいぐい以前のホテルに引っ張っていく。
DSC_0103_20110619185823.jpg
ホテルのドアの前で「入ろう!」と催促。(入らなかったけど)覚えているんだね。
ホテルの前で座り込み。
犬の記憶力確かです。
11:28 | 2011Austria/Germany | comments (8) | edit | page top↑
Mon.

ザルツブルグ2

日中街をあちこち探索したり、こんな階段をゴキゲンで登ったり降りたり、
Picnik collage7
部屋に戻ったらやっぱり犬もバタンキュー(笑)一番ふかふかの場所で。
Picnik collage6
ボク、ちかれた。
クリクリ犬は部屋で留守番してもらい、人間は夕方の街へ再度繰り出し。
DSC_0223.jpg
DEMELが気になり、アイスクリームを。最初はマンゴーとヨーグルト。ん、んまい~!一口目から最後まで感動が続く美味しさで、迷わずオカワリに走りました。次頼んだのはお店のお勧めのデメル特製チョコで作った濃厚チョコアイス。名称忘。あんな美味しいアイス食べたこと無い。(今まで)人生で食べたチョコアイスナンバーワンに決定。
DSC_0226.jpg
DEMEL外観。
さて、甘いもの食べて満たされたところで目指すは上。
DSC_0228.jpg
上のお城。
DSC_0237.jpg
ケーブルカーで一気に上昇。
DSC_0253.jpg
いいねぇ。美しい見晴らし。旧市街側を見下ろす。
DSC_0242_20110614075022.jpg

DSC_0254_20110614075023.jpg

DSC_0257_20110614075023.jpg
                            塩掛けさん(笑)
DSC_0235.jpg
やたらめったらシャッター押し捲り。
DSC_0263.jpg
旧市街側もいいけど、私は裏のアルプス側もかなり好き。なんだかまったりくつろぎました。
DSC_0266_20110613195628.jpg
DSC_0286_20110613195628.jpg
オーストリア、緑の管理が上手い。
DSC_0287.jpg
今度あそこの崖上のカフェで食べたい。
Picnik collage10
階上の間でモーツァルトの室内楽コンサートを楽しんで下山。
満足。

一行は年上夫婦の強い要望により街の日本食(中国人経営)レストランへ。「Nagano」さん。感じの良い奥さんが給仕してくれてお味噌汁とかサービスしてくれて。なんと二晩連続行ってしまった(笑)。なんとなく肉肉しかった日々に疲れた胃を清算できた感。オット母上は念願の梅干おにぎりを注文。巨大おにぎり、塩気なしでやってきた(笑)オット父上はカレーライス。それでもお腹は清算されるんだ、と感心。なんだか色々なところで突っ込みどころ満載な二晩でした。天ぷらはさくっと揚がっておいしかったよ。
12:04 | 2011Austria/Germany | comments (11) | edit | page top↑
Wed.

ザルツブルグ

湖水地方を後にして車を走らせること小一時間、ザルツブルグに到着。
DSC_0196.jpg
小高い丘がそびえる美しい街並み。写真等で見ていて綺麗だなぁと思っていたけれど、実物はやっぱり本当に綺麗。
DSC_0076_20110609065330.jpg
到着後はとりあえずビール♪ ザルツブルグの地ビール、Stiegl。きりっとして美味しい。
DSC_0081_20110609065329.jpg
旧市街にホテルを取りまして。(写真のホテルではありませぬ)ホテルが一般車進入禁止の歩行者天国エリア上にあったため車でホテル脇に乗りつけるのに若干苦労(宿泊客は特別なコードをもらって旧市街に入ることができるシステムになっています)しつつ、通行人のヒンシュク買いながら車をそろりそろり前進させてホテルに到着。駐車場はさらに旧市街の外れに位置するためラゲッジ降ろしたら即要移動。基本ザルツブルグ見所は歩いて回れるの滞在中は車は乗らず。
DSC_0093_20110609071905.jpg
大きなチェスしているおじさん達。
DSC_0098_20110609065329.jpg
お天気に恵まれ。暑くも寒くもない4月下旬のことでした。
DSC_0100_20110609065328.jpg
街歩き中は後ろからくる私が気になって仕方ないくり男。しょっちゅうしょっちゅう振り返る。
DSC_0101.jpg
ウィーンで見たちょっと気になる道路標識、ここにもあった(右端)。ここからは歩行者天国じゃないよ、ってこと?(最初きめきめで街で踊っちゃダメよ、かと思ったりw)
DSC_0122_20110609065327.jpg
公園や建物の名前一切ノーチェックだったため、この大きくステキな公園の名前も分からず。花が綺麗に管理されてステキ。
DSC_0106.jpg
(暑すぎて)笑顔でフリーズw
DSC_0149_20110609065406.jpg
同じ公園脇の緑地帯でフリーラン。
DSC_0152_20110609065405.jpg
爆走TOMBI。(目がまぢw)
DSC_0153.jpg
その後川渡って向こう岸のビール醸造所のビアガーデンを目指すが、昼時はしまっていてがっかり。夕方オープンらしいです。川岸の気持ちの良い散歩道を歩いたり、ゆったりした時間を楽しみ。
夕方、旧市街を見渡せるスポットから写真撮りたくて、対岸の小高い丘の上を目指してみる。心臓破りの階段が数百段続き…もう無理…と思った頃トップの景色が広がる。
DSC_0202.jpg
石段に腰掛けて景色を見ながらぽわ~っとするのに最高。静かだし。
DSC_0190_20110609065404.jpg
犬的に階段は余裕♪でも抱っこ要求w。この後両親達と待ち合わせて目指すは対岸に見える城の上。
DSC_0200_20110609065432.jpg
それまでのんびりし。
続く。
23:33 | 2011Austria/Germany | comments (6) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。