--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Tue.

ブリュッセル ②

ブリュッセル続きでーす。蚤の市行って、アチョム行った後。まだ午前中。
21
道中また壁画登場。かわいい。
22
ブダペストより建物が低いかな。こじんまりまとまったおうちが多くてかわいい街並み。
23
こちらブリューゲルの生家。煉瓦造りの味のある建築物。
24
と書いてある。
25
ずんずん進んでとある広場に。ここでピエール・マルコリーニのマカロンをその場でほおばる。経験値は低いものの人生一番のマカロンでございました。これで甘いものに対する渇望は全て満たされた感のある私。ベルギーに来てチョコ買わないで帰ってきた日本人ですw
26
レフってこんなに種類があったんだ。(ブダペストではブロンドとダークを愛飲)
さーー、お楽しみのランチだ!牛肉のベルギービール煮込みを食べるぞー。と意気込んでやってきたのは昨晩予約しておいたシェズレオンのお向かいのお店。店名読めない…
27
昨晩は満席御礼っぽかったけど、ランチは余裕。(でも次々に入ってくるので遅い時間だとやはり埋まるかと)
28
ビールはこちらを。
29
お得なランチメニューに、そもそも目指していた煮込みも選べるようになっていたから迷わずそれで。前菜のスープ。美味。
30
メインのビール煮込みの牛。煮込んだビールは上の写真の私の飲んだビールだそうで。とても美味しい。
31
デザートも。私はチョコムース。
32
友はベルギーワッフル。どちらもベルギーで食べたかったスイートで、ここで満たされた。
33
満足ランチの後は近辺をお散歩。
34
チョコレート屋を数件訪ねたり。
35
かわいい店構え。
そして忘れてはいけない。ブリュッセルと言ったらここでしょう。
36
グランプラス。
37
素敵。
38
大きすぎて私の単焦点では入らない。
39
ヨーロッパの人ってすごいの作るよね。
40
しばし堪能した後はそろそろホテルに荷物を取りに、と歩き出し。
41
途中また壁画があった!こんどはタンタンだ!スノーウィーもいる。
42
あ、この方の小ささもちゃんと見て。

トラム乗って南駅行ってエアポートシャトル乗ってすべて順調にブダペスト行き便に乗って帰宅。
楽しかったしおいしかったのでした。
オット、とんちゃん、お留守番ありがとうね。

旅記終わり。


引き続きこちらのお知らせ。
スポンサーサイト
23:02 | 2012ブリュッセル | comments (2) | edit | page top↑
Sat.

ブリュッセル ①

fc2ブログの写真アップがとても簡単になったんですね。(ってしばらく前の話?それだけアップが久々ということか…)

親戚さんいらっしゃいの続きでCちゃんと女二人で一泊二日弾丸トラベラーになってブリュッセルに行った時のこと。
1
到着は夕方。Wizz Airだったので例にもれず空港は市内から遠く離れた辺鄙空港。でも一時間に3本ほど空港と市内を結ぶシャトルバスが走っていてその場で自動販売機で往復チケットが買える。往復22ユーロだったかな。割とすぐのバスに乗り込めたので小一時間程ですいすいーっと南駅へ。人に尋ねたり助けられたりして無事トラムに乗り込みホテルに到着したのは8時とか。おなかすいたーとさっそく街に繰り出す。ホテル前の道。いい雰囲気♪ブリュッセルは煉瓦色が素敵な街だね。
2
ブダペストとは違った古さを醸し出す建物。好き。
3
前日予約しておいたシェズ・レオンへ。ざっと調べたところここがムール貝で有名らしく年間ムール貝消費量ベルギー1と読んで。超大入り満席。で、予約したのに席は確保されておらず二階のバーカウンターに通される。ま、座れればいっか、とそこに落ち着き。
4
これ一人分♪ 一瞬おののくも、案外あっさり食べれるもんです。美味しいね。付け合わせのフリット(ポテトフライ)はお変わり自由。

泊まった宿は朝食が充実。
5
朝の美味しいコーヒーは重要ポイント。焼きたてパン、クロワッサンなど充実。朝食の基本はすべて押さえてあるうえに感動したのはこれ。各テーブルに並べられた地元産のスプレッドやジャム。左から2つ目はベルギーの有名なシナモンビスケット、スペキュロス味のクリーム。旨い。その隣はリエージュ・シロップ(リンゴと洋ナシとデーツのジャム、って今調べたw)これまた旨いのだった。その隣のチョコスプレッドはいうことなし。朝からテンション上がったー。
6
朝食後は早速街へ。まず目指すは蚤の市。道中壁に描かれたマンガをさらいながら。あった、あった。こんな風に街中にマンガの壁画がところどころあるのが楽しい。タンタンが生み出された国だしね。
7
こんな荘厳な教会の脇を通りつつ、
8
アンティークショップや家具やなどしゃれた店が並ぶ通りのウィンドーを冷やかしつつ、
9
通りに埋め込まれたかわいいタイル画を見つつ、
10
あった、マンガ壁画第2弾。街に馴染んでるのが素敵。
11
ポップだわ。
12
かわいい店員犬がいるバーを通り越すと、
13
蚤の市に到着。
14
あー、蚤の市、という言葉通りな場所でしたw 90%位はゴミ同然。価値が分らないだけ、の問題でもなさそう。さっさとスルーですよ。
15
でも時々こんなかわいいものもあったりなかったり。
16
スルーとかいいつつ小一時間見たかな。交渉も何度もした。ここで値段はあってないようなもの。別にこんなのあってもなくてもいいんだけど、って態度で臨むと納得のお値段まで下がりますw 結構面白い。
17
疲れたからさっきの店員犬がいるバーでベルギービールでも飲みながら休憩しますか、と入る。お兄さんお勧めのダーク(私)とチェリービール(友)。おいしーーー。ベルギー来たーって実感。
18
私の蚤の市の戦利品。シルバーアクセサリーやナイフレスト。あと写ってないけどオーブン焼きの鍋(?)買いました@3ユーロ。
19
蚤の市近くのアクセサリーパーツの店、アッチョムに寄りました。たのしーー。ここで戦利品の丸いネックレスヘッドを付けれるワイアー等をゲット。
20
またあった通りのタイル画。

もう一回続く。

22:24 | 2012ブリュッセル | comments (2) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。