--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Wed.

王宮散歩と奥山の寿司

紫陽花が上手くドライできません。これは半分は形保存でき、半分はクシュクシュっとなってしまったパターン。
augsep12.jpg
今回は花屋から新鮮なの買ってきて速攻ドライにしたつもりだったんだけど・・・もっと鮮度が高くないと綺麗に保存できないんでしょうか。でも、まぁ、色は残ったので半ば満足です。

夏の『咳の負のオーラ払拭散歩』別の日です。王宮の新しいルート巡ってみたら思いのほか楽しかった日。つい数年前まで廃墟で手つかずだったヴァ―ルケルトバザールの庭園。本当にあの一画は素敵になりました。よく庭園を通り抜けるコースはとんびと歩くようになっていましたが、今回は王宮敷地内のエッジを行くコース。夏にクラフト市場が立つあの緩やかな上り坂です。ほのかに廃墟感も漂ってなんとも味わいあるコースです。
augsep6.jpg
そこをくねくね登りきったところにある展望デッキ。絶景です!こっちを見ても・・・

augsep9.jpg
あっちを見ても景色が広がって思わずたたずむ。
またここから漁夫の砦方面に抜けて歩いてマルギット橋の袂まで行きました。いっぱい歩いたよー。

例の魚屋が出来てから、自宅でもなんちゃって寿司が食べれるようになって若干足が遠のいていた奥山の寿司。
仕事も頑張ったし、すしが食べたいー!というオットの要望を叶えに久々に足を運びました。
augsep27.jpg
うれしそうな人。

augsep28.jpg
やはり自宅ではここまではできないから大満足な晩でした。
今やハンガリー人に愛される八丈島出身の寿司職人の奥山さん
連日予約がたくさん入ってうれしい悲鳴を挙げていました。苦節20年以上、情深い大将がこの地に根を下ろして頑張ってきた成果が今あふれるように見れる。ハンガリーの地元に愛される寿司屋さん。(もちろん日本人も愛してますよー)
これからも是非頑張ってほしいです!


ランキング参加中★ 


  
クリック応援ありがとう♪
  


にほんブログ村

スポンサーサイト
16:46 | ハンガリー衣食住 | comments (0) | edit | page top↑
Tue.

ケーキ・オブ・ザ・イヤー2016

またまたブログさぼり症を発症してました。
augsep14.jpg
もうすっかりエリカの季節です。
今年はこんな変わり種のエリカを見つけたので迷わずゲット。先端が緑のフリフリなのがかわいい。

昨今ブダペストはどっぷり秋模様です。10月に入ってから寒冷前線がやってきてぐっと冷えてます。もうライトダウンジャケットがありがたい感じ。夏よ、さようなら。

といいつつ、こちらではしばらくさぼった分のツケで夏模様も混ぜ込みつつ。
季節感ずれててすみません。
augsep2.jpg
今年の夏はよくとんびとマルギット島でのんびりしました。ほら、咳がでる子になっているから気分転換にちょっとでも空気のいいところ・・・と思って。緑の上に敷物しいて読書したり寝っ転がったり大地パワーを吸収しました。(主に私?)

咳き込む負のオーラを払拭すべく、よく長い散歩にも行きました。これはトラムとコグウェイ鉄道(歯車で登山)乗り継いでシュヴァブへヂ駅で降りた所にあるサーモシュの眺めのいいカフェ。
augsep3.jpg
そこでこの夏二度目の『今年のケーキ』を。毎年8月20日にハンガリーのケーキ職人で競って『ケーキ・オブ・ザ・イヤー』が選ばれます。今年選ばれたのはどこか地方のこちら。カカオクリームとピスタチオが練りこまれたクリスピーな生地にラズベリージェルの層になったもの。上の緑はピスタチオからきているのかな。ハンガリーのケーキの中でも甘さ控えめでこの三つのハーモニーがなかなか素敵で私の中では久々のヒット。『今年のケーキ』大賞に選ばれたケーキはレシピが各ケーキ屋にも配られ製造されます。サーモシュは安定しておいしい。

augsep4.jpg
なのでこの方も一緒です。外の庭の席でまったりしました。こんなに気持ちのいい裏庭の席がたくさんあるのに座っている人は少なくて、正面玄関の大通りに面している外席がなぜか満席という。理解不能。

augsep5.jpg
そのカフェかなりお山の上のほうにあるのですが、店の前から派生するディアナ通りをずっと行くとかなりの勾配下ることができるのです。車もこないこんな緑のトンネルをひたすら降りる私の大好きな小道の一つ。結局セールカールマン広場まで歩いて戻りました。住んでる人には分かる、まあまあの距離です。元気に楽しく新しい散歩道を歩く12歳半のおっちゃん犬。ちなみに散歩の途中は咳でません。なぜー。

そうそう、8月20日といえばケーキコンペもありますが、ハンガリー建国記念日で一年で一番大きな祝日かと。
augsep29.jpg
夜にはドナウ川沿いの3か所から毎年花火が上がります。今年は国会議事堂近くのトラムの線路から望みました。毎年これで夏は終わった・・・というちょっと切ない気持ちになります。

まだまだ夏の話は続くよ♪ こらえてね。


ランキング参加中★ 


  
クリック応援ありがとう♪
  


にほんブログ村

17:43 | ハンガリー衣食住 | comments (0) | edit | page top↑
Tue.

ブダペストのお酒とコーヒー関連のお店

ブダペストでコーヒー関連のアイテムが必要になったらここ、って教えてもらいました。
cf1.jpg
Koktélbolt カクテル用具が充実したお店の模様。

今回探していたのはこちら。
cf2.jpg
コーヒードリッパー。5年前私のリクエストに応えて義妹のくみちゃんが探しあててハンガリーに運んできてくれたこの子はとても使いやすくてこの5年間一日も欠かさず毎日我が家のコーヒーを淹れてくれたのでした。 が、この度私の不注意で床にガッシャーンと落としてしまい破損(涙)。
最近こそコーヒーブームでハンガリーでもちらほらハリオやメリタのドリッパーを見かけるようになりましたが、まだまだ「落とす」淹れ方は浸透していないようで。今回Barako Coffeeのライアンがコーヒーアイテムならここ、って教えてくれました。

店に入ったらしかし!まず目に飛び込んできたのは日本酒コーナー!!日本のウィスキーもある。
cf3.jpg
コーヒーグッズ専門店って聞いて来たのでちょっとびっくり。こんなところに日本が。
コーヒーグッズよりもカクテル始め、お酒関連の専門店だったようです。

cf4.jpg
なにやらおいしそうな大吟醸なんかもある。お値段ぶっ飛んでるけど。

cf5.jpg

cf6.jpg

cf7.jpg
お酒関連の小物がこんなに揃ってるの初めてみた。

cf8.jpg
ワイン関連もいろいろあります。

そして今回の私の目当てはこの棚。コーヒー関連はこの店では案外小さなスペースw
cf9.jpg
上のほうにありました。しかも壊れてしまったのとまったく同じのが!迷わずゲット。

cf10.jpg
ワインも並び。一緒に行ったワイン好きのお友達がお得かも、と喜んでました。

cf11.jpg
うちはワインはもっぱら本屋でしか買わないので、いつかの参考に。

cf12.jpg
店内の様子。

cf13.jpg
通りから見た外の様子。

場所は中央市場の裏手、コルヴィヌス大学の横。
Koktélbolt
1093 Budapest, Közraktár u. 10


夏のとん。外席が気持ちいい季節になってきました!
cf14.jpg
うなじの辺りパンチが強め。ワインオープナーのスクリュー的なw



先週から新しいランキングに参加しています。(現在72位♪)


  
クリック応援ありがとう♪
  


にほんブログ村


17:13 | ハンガリー衣食住 | comments (0) | edit | page top↑
Wed.

英国テイラーのお店

ブダペストで腕のいいテイラーをお探しですか?

英国ファッション大好きオットはスーツやジャケットの丈を直してくれるテイラーを探してここに行きつきました。店主のサイモンのセンスにほれ込みもう何着もお直しをお願いしています。
本来はお直し専門などではなく列記としたビスポークの英国人テイラーです。かつて名だたるホテルやデパートの専属テイラーもしていたサイモン。
s1_20160427040442cb7.jpg
スーツ一着とジャケットの丈やら幅やらを直しに。採寸はバランスを見て丁寧に。サイモンのセンスは信頼がおけます。

私は採寸の間店内を見学。「好きなだけ写真撮っていいよー。ブログもいいよー」気さくなサイモン。
s2_20160427040444326.jpg
シャツ生地、あります。

s3_20160427040445da0.jpg
生地サンプル、がっちり。

s4_20160427040446ddb.jpg
店内の様子。

s5_201604270404484a1.jpg

s5a - Copy
英国やイタリアなどから取り寄せたおしゃれなタイ。

s5b.jpg

s6_20160427040511317.jpg
上質カシミヤマフラーや、ハンチング帽も。

s7_20160427040513123.jpg
紳士の身だしなみアイテム達。

s8_20160427040528280.jpg
シャツのカラーサンプル。

と写真を撮っているうちに次のジャケットの採寸。
s9_20160427040547497.jpg
二人であーだこーだ言いながら丈を決めていきます。ここハンガリーでも英国人なのでね。英語が通じてうれしい。彼はここに長いのでハンガリー語も行けます。

s10_20160427040548357.jpg
私みたいな人が座るための椅子も用意。椅子の柄にも英国を感じるわ。

s15.jpg
最後にサイモンと♪

アトリエの外観。
s16.jpg
お店のサイン的なものは彼の名前だけ。「SIMON SKOTTOWE」

s12_20160427040551cb4.jpg
場所はコシュットラヨシュテールの二本裏の道です。ブダ側が見渡せるステキなスポットです。

s13.jpg
お店は通りを川に向いたら右手です。後ろにサバチャグ広場が見えます。

7月にはイタリアから素敵なベルトやアクセサリーが届くようです。9月にも何か新しい展開を控えている模様。
近い将来にはとてもクラシカルな既製ジャケットやシャツも展開していくそうです。さらにこれまたクラシカルに徹して英国ジャケットに合うジーンズを作る予定だとも言ってました。ジーンズ生地は藍染の有名な神戸の工房から取り寄せるようです。こだわってます!

SIMON SKOTTOWE
Budapest, Zoltán u. 10, 1054  Budapest
+36 30 280 1960

s14.jpg
オットに連れられてもう何度もサイモンのお店に行ってる人(犬)。


クリック応援ありがとー!

にほんブログ村



04:49 | ハンガリー衣食住 | comments (0) | edit | page top↑
Mon.

メドヴェハジマの季節

春の足音が聞こえてきているブダペストです。この冬も振り返ればそれほど寒くなかったなぁ。(お正月の週はマイナス15度とかめっちゃ寒かったけれど!)やはりエルニーニョの影響でしょうか。

こちらの食材で春先楽しみなのがこのメドヴェハジマ(Medvehagyma)。メドヴェは熊で、ハジマが葱。熊葱。英語ではRamsonって言うらしいです(日本語もラムソンってなってました)。
まだ季節的に若干早めですが、もう市場ではちらほら見かけます。栄養価が注目され乱獲により値段が吊り上がっているそうです。お願い、乱獲やめて。
mh.jpg
これは今年のではなく以前撮影したもの。最盛期にはこんなに大きな束が150フォリント位で買えました。(今はこの半分もなくて400フォリントとかで売ってます)
にんにくとネギのような風味で柔らかい葉は生で食べてもおいしい。私はザクザク切ってペペロンチーノに入れたり、餃子の具にしたり。スープでもいいし、万能野菜です。本当に大好き!
あぁ、春は間近!

春になるとうれしい人(犬)がここにも。
w7.jpg
暖かくなるとこんな笑顔率が上がって飼い主は嬉しいのだった。




今欲しい



👇クリックしてね♪

にほんブログ村
04:58 | ハンガリー衣食住 | comments (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。