--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Mon.

オーストリアの冬山とブラティスラバ

どうも、ご無沙汰です。SNSの手軽さに流されまくってブログから遠のきすぎていました。
とんび家、元気です。
気づいたらもう6月です!数日前に我が家はブダペストに越してきてちょうど5年を迎えました。時の流れるのは早いものです。
もうすっかり夏時間で日が長くて外の空気が最高に気持ちいい季節満喫中ですが、大きく開いたブログの穴をちょっとだけつくろいたいと思います。

冬。
私の長年の夢だったオーストリアの雪山ヴァカンス。独身の頃は仲間達と時々冬山スキーを楽しんでいました。が、結婚してからはとーんとご無沙汰。というのもオットは大の滑りもの系が苦手人間で。かくいう私も右肩脱臼症を抱えていてスキーはリスクが大きいのでそれほど滑りたい願望は無く。でも、雪山の美しさは忘れられずいつか雪山・・・と願い続けていました。
重い腰を上げてオットがオーストリア雪山ヴァカンスに同意してくれてザルツブルグから南に電車やバスを乗り継いで2時間ほどの山間の村へ行ったのが1月中旬。でもねー、今年は暖冬だった。少なくとも私たちが行った時はまだ寒波来てなかった!雪は数日前に降ったのがかろうじて残っている程度。全然寒くない。
1_2015060204262990d.jpg
まぁ、でも大好きなオーストリアの田舎の宿を満喫したり、宿の周りを散歩したりエンジョイしてきましたよ。このオッチャン犬は・・・ツメタイ
2_201506020426313cf.jpg
ツメタイデス・・・
テンションだだ下がりだったけども!
3_201506020426321c1.jpg
飼い主がテンション上がってるの見て、というか宿敵ターザンしているのみてマモラナ!モードにw
まぁ、その後そりしたりさらに散歩したりみんなで楽しく過ごしました。

その後2月終わりの週末。友人2家族と一緒にブラティスラバに行ってきました。ブダペストから電車で3時間ほど。ちょうど電車のコンパートメントが6人乗りで、我ら6人グループにぴったり。通路を隔てるドアもついているので完全個室です。とんびも席の間でくつろぐ。
4_201506020426333aa.jpg
初日夕方さっそく旧市街練り歩いたよ。
5_2015060204263560a.jpg
宿は中心から若干ずれた場所だけど、評価も上々でお手頃のアポロホテル。評価ではホテル併設のレストランが素晴らしい、とのことで期待♪ 天井が高くて素敵なレストラン。
6_201506020427165f5.jpg
ジビエが得意とのことでメニュー内容も豊富。シェフお勧め3コースのディナーが16ユーロとか目を疑うお得感で。この写真がなんだったか・・・すっかり失念だけど、スターターからデザートまで大満足の美味しいディナーでした。またこの為だけにブラティスラバ行ってもいい位。ちなみに同じ場所でいただく朝食もとても充実しています。ちなみにちなみに、ホテル全館新しくレノベートされていて清潔で本当に居心地よかったです。立地が中心じゃないってだけが難点。
7_20150602042718aac.jpg
翌日用事があるオットたちを送り出した後妻たちで旧市街巡りの続き。これは王宮に向かう路地裏。石畳がいい味。
8_201506020427200c9.jpg
旧市街でふらりと立ち寄ったデザイナーのお店が思いのほかかわいい。セルビアのお店って言ってたかなぁ。お店の女の子のニットがツボで写真撮らせてもらったの。ちなみにこの女の子たちにお勧めビール処も聞いて行ってみたらとてもいいお店。(名前等全部失念)
5a.jpg
こんな何気ない路地裏が好きでたまらん。

動きのある写真を目指してみました。
22_201506020437445a5.jpg
口は開けなくていいと思う。
21_20150602043743ddb.jpg
どうもタイミングを合わせるのが難しいのと、顔―!
25_201506020438051ef.jpg
沢山撮ってもらった中でも良く撮れた方の一枚。
20_201506020437429fc.jpg
その他沢山のタイミングが難しい写真例。着地の時かかとから腰に激痛が走って、年を思い知った一枚。
とっても楽しい旅だったのでした。

終わり。
スポンサーサイト
21:11 | 近隣の国 | comments (0) | edit | page top↑
Wed.

プリトヴェッツェ湖群国立公園 Day2

翌朝。宿で朝食、裏庭で記念撮影。
DSC_0339_20120702183425.jpg
絶対カメラみないも~ん。
DSC_0350_20120704224143.jpg
車で再度第二駐車場へ。ここ駐車場。なんて気持ちいいの。
DSC_0361.jpg
二日目本日はまず遊覧船でP1乗り場からP2乗り場へ。コジャック湖という最大の湖を横断。そこからさらに奥にある大滝方面へ歩く予定。遊覧船発船待ちの船内からの眺め。
DSC_0367_20120704224142.jpg
今日も水は青緑だった。(こういう写真続く・・・)
DSC_0369.jpg

DSC_0372_20120704224141.jpg

DSC_0379_20120704224336.jpg

DSC_0380_20120704224335.jpg

DSC_0383_20120704224335.jpg

DSC_0395_20120704224334.jpg

DSC_0404_20120704224334.jpg

DSC_0425_20120704224334.jpg

DSC_0444_20120704224517.jpg

DSC_0447.jpg

DSC_0450.jpg

DSC_0454_20120704224516.jpg
網入れたら一気に大漁に捕れそう。(漁禁止ですが)
DSC_0475_20120704224515.jpg

DSC_0492_20120704224515.jpg
帰りはバスでスタート地点に戻る。上からもまた良い色。
DSC_0495.jpg
歩いてきた遊歩道を見下ろす。

ここから一行はアドリア海を目指してみる。
Senjという街。
DSC_0503_20120717045359.jpg

DSC_0505_20120704224636.jpg
シーフード三昧。
DSC_0506.jpg
ブダペストでは食べれないからね。
DSC_0507_20120704224635.jpg

DSC_0509.jpg
食後ほんのちょろっと街散策。
DSC_0511_20120704224726.jpg
旧市街は石づくり。
DSC_0512_20120704224725.jpg
ボーイズ一行。
DSC_0514.jpg
港。

山も海もごちそうさま。T氏運転お疲れ様です。
クロアチア今度はもっと南下希望。
15:03 | 近隣の国 | comments (4) | edit | page top↑
Mon.

プリトヴェッツェ湖群国立公園 Day1

週末の一泊二日でクロアチアのプリトヴェッツェ湖群国立公園へ友人夫婦と。
DSC_0492_20120702183738.jpg
ターコイスブルーが神秘的。まだ日本にいた時クロアチア人の友人に見せてもらったクロアチアの観光パンフレットにこの図が出ていて羨望溜息ついてたっけ。憧れの地だったのがついに現実に。
DSC_0049_20120702182653.jpg
この青緑~!

ブダペストから車で5時間。国境も順調、渋滞もなく快適な道中。まずは宿にチェックイン。
DSC_0030_20120702182553.jpg
宿の裏庭。いいねぇ。チェックインまであと10分待ってね、とのことでこの裏庭に面した外テーブルに座ってまずはビール♪ うまい!
DSC_0028_20120702182553.jpg
宿の犬の歓迎も受け。愛嬌あるお顔のサラちゃん。TOMBIをガン見。
朝4時起きだったからちょっと休んでから行こう、と一時間昼寝。至福。
DSC_0031_20120702182552.jpg
車に乗って第二ゲートへ。駐車して入場チケット購入のため並ぶ。入場料、二日券一人180クーナ。
DSC_0033_20120702182552.jpg
お勧めルートがいくつかあって、初日は上湖と呼ばれるエリアの3時間コースを。出発地点まで園内バスで向かう。この山間に湖が点在する。
DSC_0037_20120702182550.jpg
バスを降りた地点の清流にいたカモ。
DSC_0043_20120702182653.jpg
早速ウォーキングスタート。この日は暑くて、日向は35度位かと。
DSC_0055_20120702182652.jpg
暑いからえへへ顔全開君。
DSC_0087_20120702182652.jpg
でも木陰は涼しく、大抵のコースは気持ちの良い木陰の中で清流の音を聞きながらな為、気持ちがいい。
DSC_0094_20120702182651.jpg

DSC_0119_20120702182651.jpg

DSC_0139_20120702182958.jpg

DSC_0151_20120702182957.jpg
青トンボが沢山飛んでて。
DSC_0161_20120702182957.jpg
そこまでクリアに見える湖には鱒が沢山生息している。
DSC_0166_20120702182956.jpg
楽しい散歩♪
DSC_0191_20120702182956.jpg

DSC_0206_20120702182956.jpg
この青よ。こういう写真がx300枚程w
DSC_0222_20120702183217.jpg

DSC_0232_20120702183216.jpg
水辺の歩道はこんな木の遊歩道が敷かれていて。隙間だらけで足元は常に注意。犬は後ろ足が穴にはまりがちなため、遊歩道地帯は抱っこで。
DSC_0239_20120702183216.jpg

DSC_0255_20120702183215.jpg
えへへ
DSC_0257_20120702183215.jpg
たのちーね♪
DSC_0259_20120702183215.jpg

DSC_0266_20120702183333.jpg
飛び込みたい。
DSC_0274_20120702183332.jpg
滝壺周辺は涼しいのだった。マイナスイオン。
DSC_0299.jpg
こんな船が2ライン園内を渡してあるの。環境汚染しない静かなモーターの船。
DSC_0311_20120702183330.jpg
宿に戻りシャワーを浴びてリフレッシュ。宿で夕食。鱒料理か肉料理か選べる。当然鱒!大きくて身の詰まった立派なトラウトのグリル。最高。地元ビールと。(お腹すきすぎて写真忘)
食後はこの景色をうっとり眺められるリラックスチェアに座ってぼ~。
DSC_0315_20120702183330.jpg
宿のVilla Lika。とっても快適。朝のコーヒーがインスタントなの以外は完璧でしょう。
DSC_0320_20120702183418.jpg
遠方放牧(いつもの)されて走っていたら宿の犬サラちゃんに怒られた。
DSC_0329_20120702183417.jpg
もう帰って寝ようよ。お疲れ犬。

明日に続く。
11:06 | 近隣の国 | comments (4) | edit | page top↑
Fri.

麦畑で

ちょっとさかのぼって6月。用事があって出かけたオーストリア中部。宿泊したのはあえて小さな村。
DSC_0024_20110820062658.jpg
どこに行くんでもお泊りの時は必ずくりくりも一緒。ちょっと村を散策。村の外は広がる農地。
DSC_0019_20110820062700.jpg
こんな。
DSC_0020_20110820062659.jpg
麦とかコーンが栽培されていて。ブダペストに無い風景で、新鮮。気分も開放、リードも開放。楽しい散歩。
DSC_0028_20110820062658.jpg
楽しくあちこち顔つっこみすぎて、顔中おみやげ付けてきた。
DSC_0030_20110820062742.jpg
自生のカモミール?もどき?カモミールの甘い香りじゃなかった。
DSC_0034_20110820062741.jpg
麦畑の畝。
また村に戻って村の中をテクテク散歩。個人の家もそれぞれ庭や玄関がステキに管理されていて見て歩くのが楽しい。
DSC_0036_20110820063938.jpg
とある家の庭にはこんな凸凹コンビがしっかり番犬していたり。
DSC_0037_20110820062740.jpg
通りから奥に入った小道とか大好き。古い壁が味だね。
DSC_0038_20110820062739.jpg
ホテルに帰ったらなにかのパーティーみたいでホールはオーストリア人の正装で埋め尽くされ。この民族衣装、割とよく見かける。彼らの誇りなんだろうな。実際ステキだし。
DSC_0039_20110820062738.jpg
ホテルのレストランでビール♪ドイツ語圏はヴァイツェンビアがあるのが嬉しい。
DSC_0005_20110820062700.jpg
日が長~い季節のことでした。
22:45 | 近隣の国 | comments (2) | edit | page top↑
Fri.

ナノ君

今回両親と西に足も伸ばしまして。
訪れたとある都市でブログで見ていたナノ君とご対面できました!
DSC_0002_20110514044555.jpg
ママと一緒に会いに来てくれたナノ君。実際見るとブログで感じていた以上に小さくかわいすぎ。男っ気あふれる少年♪ご対面の瞬間、でっかいTOMBIにびっくりしちゃったね。
DSC_0015 (2)
遠近法で更に大きく見えるTOMBI(汗)立ち位置間違えた。
DSC_0018_20110514044554.jpg
両者しっかり男子なので(未去勢)ライバル心メキメキ★ ママ達に押さえつけられて不本意なご両人(犬)。
DSC_3690.jpg
ママに抱かれていたときはイッチョ前な強気男子だったのに知らないおばちゃん(=私)に抱かれたら急にしゅんとなっちゃって。その差がおかしくておかしくて。どさくさに紛れて臭いをかぐおじさん犬ともっとしゅんとなっちゃう少年犬。
DSC_3692.jpg
でもどさくさ嗅ぎ返し。今度はおじさんがしゅ~ん。
DSC_3694.jpg
いやぁ、楽しかった!ナノ君、TOMBIに会いに来てくれてありがと~~!
ナノ母さん、本当にたくさんお世話になりました!!お会いできて本当に嬉しかったです!
今度会う時は…まだ超男子同士かなぁ(笑)
21:00 | 近隣の国 | comments (4) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。