--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Fri.

グドゥルー宮殿

ブダペスト最後の日はグドゥルー(ゲデレーか?日本語表記不可能 Gödöllű)へ。オーストリア・ハンガリー帝国時代の皇后、シシーはここの宮殿がお気に入りだったとか。
DSC_0286_20110428041836.jpg
静かな環境にたたずむ。割とシンプルな内装の宮殿とシンプルで見晴らしの良い庭。小鳥がさえずり気持ちがいい。
DSC_0285.jpg
庭からのパレスの眺め。
DSC_0284_20110428041837.jpg

DSC_0310.jpg

DSC_0298_20110429211725.jpg
庭はグリーン主体。花は控えめ。
DSC_0297_20110429211725.jpg
マリア・テレジア像
DSC_0302_20110428041924.jpg
いたるところにベンチがあってくつろげる。
DSC_0301.jpg
庭のパイン。
この時も、天下のハプスブルグに属する宮殿の割にはシンプルで控えめな作りだね、と思っていたけれど、後でウィーンのシェーンブルンの豪華絢爛さを見たら改めてハンガリーのシシーのお気に入りは質素な宮殿だったんだな、と。そんなにウィーンが嫌いだったのか。

のんびり散策した後は市内に戻りヨーロッパ最大のシナゴーグに立ち寄る。
DSC_0311.jpg
DSC_0317_20110428041922.jpg
DSC_0325_20110428042014.jpg
DSC_0322_20110428042014.jpg
柳の木のオブジェの葉にはホロコーストで亡くなった人たちの名前が。
悲惨な歴史を物語ります。


DSC_0328.jpg
いい感じでお腹も空いたので近所のベルギービールレストランでベルギービール飲みながら鴨料理。

オット両親とのブダペストはこれにて終了。
スポンサーサイト
13:48 | ブダペスト見所 | comments (2) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。