--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Tue.

母訪ブダペスト

初ブダペストの母とその友。母に至っては初大陸ヨーロッパ。友人限定で格安でB&Bもしてくれる広いアパートの友人夫妻宅にお三方ゆったり宿泊してもらい。初日は中央市場、ゲルロッチ・カフェでランチ、ヴァーツィ通り等。これでも行動範囲を抑え目に設定したつもりだったけどすでにいっぱいいっぱい。時差もあるしね。市場は最初にもってくると相場も分からずパニくるからもう少し後に持っていったほうがよかったかも。(次回の参考)パニくった乗りで蜂蜜屋でハチミツ大量買いするおばちゃん達(汗)「これから自分でその荷物持ってオーストリアとか回るんだよ。重いと大変だよ」と何度も忠告するも耳を向けないおばちゃん達。ハチミツ屋に連れて行ったことを激しく後悔する自分。そしてオットにも「そんなとこ連れて行っちゃアカン」と呆れられ(笑)
DSC_0023_20111012053657.jpg
翌日はTOMBIも参加でトロリー乗ってサバチャグ広場へ。我が家の通称「大使館」(アメリカ大使館の脇にあるから)。お友達に会えて嬉しくなっちゃった。この白い二匹連れのおじさん(写真の向こうに座っている赤いシャツの人)が自ら進んで公園とその周りの建物の歴史を説明してくれて大変参考になり。歴史的に相当重要な広場だったんだ。
DSC_0025_20111012053656.jpg
そんなことかんけーない、獣。お友達いっぱいでうっはうは。
DSC_0028_20111012053656.jpg
ヴィジュラも写真様のポーズ取ってくれて。
その後民芸博物館を一行は見学し、私とTOMBIはその間更に散歩(だったりカフェで休憩してたり)。合流してフィリッペでランチ。 (追記:その後フィリッペは閉店し現在はバルザックビストロとなって開店しました)
DSC_0041_20111012053655.jpg
エスカルゴの前菜。クリーミーで美味しい!
DSC_0042_20111012053654.jpg
ムール貝いっぱい。ぷりっぷり。
DSC_0046_20111012053654.jpg
絶品キャロットスープ。
DSC_0053_20111012053728.jpg
メインはブッフブルギニョン的ビーフの煮込み。とろとろ旨し。
DSC_0052_20111012053729.jpg
オーナー兼シェフのフィリッペさん。厨房がオープンなのも腕に自信がある証拠か。
DSC_0055_20111012053728.jpg
デザートの盛り合わせ。その前にチーズ二種。ワインと合いすぎ。これで2000フォリント(前回の記事から若干値上げ。それでも…ねぇ)
食後は我が家で休憩してから旧市街へ。
DSC_0066_20111012053727.jpg
マーチャーシュ教会も外改装工事がほぼ終わって。
DSC_0067_20111012053726.jpg
漁夫の砦からの眺め。いつ見てもパーラメントは綺麗。
DSC_0081_20111012053810.jpg
おばちゃんずin砦
DSC_0088_20111012053809.jpg

DSC_0091_20111012053809.jpg
タクシー乗ってツィタデラへ。いつものピザ屋で夜景に変わる様子を。
DSC_0092_20111012053808.jpg
天気は最高。
DSC_0094_20111012053808.jpg
夕焼けも最高。
DSC_0105_20111012053807.jpg
日が暮れてぽつぽつ灯りが。
DSC_0109_20111012053833.jpg
夜景に。この移り変わりを特等席でビール飲みながらゆったり眺めるのが好き。
翌日はリスト博物館見学。土曜日11時から一時間ほどのコンサートもあって、博物館入場料にコンサート代も含まれて900フォリント。この日は日本人のピアニスト男性。力強くダイナミックな曲が多くて聞き応えあり。しかし安いのに内容濃いよね。昼はヴァゴイヴァール。ハンガリーっぽい路線でフルーツスープ(サワーチェリー)とフォアグラとりんごのローストと鴨肉のローストを皆でシェア。美味しかった!腹ごなしに中央公園(名称違うかもね。大きな公園のこと)を散歩しつつセイチェニ温泉へ。ゆっくり温泉に浸かって休憩しに宿へ。夜はオペラ座でオペラ。
そのまた翌日はアンドラッシーのヘレンドでお茶系を買ったり、アレクサンダーカフェ、再度中央市場、NYカフェ。夜は奥山の寿司に連れて行ってもらい。すし屋の帰りに一駅余計にHEVを乗って見せたかったのは、
DSC_0170_20111012053833.jpg
パーラメントの夜景!バッチャニテール降りて地上に上がるとこれですよ。必見。
DSC_0171_20111012053832.jpg
帰りの地下鉄駅の様子。

ほとんどどれもこちらで紹介したことあるものばかり。大分ツアコンも慣れてきた…かな?
まだまだ見所いっぱいあるだろうけど、4,5日程度じゃこれが限界。
22:12 | 2011秋母中欧の旅 | comments (10) | edit | page top↑
チェスキークロムロフ | top | ただいま~

Comments

ねえさん事件です。B&Bはビートたけしとビートきよしのことではなさそうだし、ブッフ...プルコギ?だし、カチャーシー協会だし...。こんなにステキな街で、いってみたいけれど、ついていけるでしょーか。
お仲間とうっほほい!なとんちゃんカワイイ♪
by: ilimana | 2011/10/13 12:07 | URL [編集] | page top↑
すずめさん。色々ありがとうです。
小さい頃、ハンガリー少年少女合唱団の演奏会に行って、感動した記憶があって、それから、ハンガリーは、なぜか、ワタシの中で、特別思い入れのあるところ。そこに、ショパンと同じトイプードルさんがいて、色んなところを旅して、素敵なブログだな~と拝見してました。漁夫の砦もツィタデラも、素敵です。時間を経て変わる色も、最高ですね。
これからも、遊びにきますね。ショパンがいたから、TOMBIくんのブログ、見つけることができました。。これからもよろしくです。
by: | 2011/10/13 15:46 | URL [編集] | page top↑
★ilimanaさま
ふふふ。かなり事件性高いですな。でも、B&Bは英語だし、ブッフ…はフランス語だから…ここハンガリーにおいてはぎりぎりOKでしょう!カチャーシが何かは分からないけど…チャーシューメンじゃないし…ぎりでOKでしょう!バッチャニテールが「坊ちゃん似」になってもヤサイマリテールが「野菜毬」になってもなんとか私はやってますのでw
本当、耳慣れない人にとっては目をそむけたくなる横文字オンパレードですよね。慣れてね。
by: すずめ | 2011/10/13 17:09 | URL [編集] | page top↑
★yuさま
昨夜は涙のうちに眠りました。ショパン君に会えて私もとてもよかったです。ショパン君を通してyuさんもハンガリーのTOMBIにも会いに来てくれるようになったんだし…。ショパンありがと~!
ハンガリー少年少女合唱団ですか!しかもそれを子供の時に聞かれてずっとyuさんの印象に残っているんですね。私も聞いてみたいなぁ。
by: すずめ | 2011/10/13 17:32 | URL [編集] | page top↑
素敵な夕暮れですね。
やっぱりお母様、晴れ女!!!

鎖橋のライトアップ、
4月の初めに粘って待っていたことがありましたが、
寒かった~。
日が短くなり始めるけどまだそれほど寒くない今頃が一番いいですね。
次こそは、、、。
by: ナノ母 | 2011/10/13 19:02 | URL [編集] | page top↑
カチャーシーは沖縄の踊りなのですー。マニアックですいませんw

「慣れてね」のひとことに、「はいっ!」といい返事をしてみました。返事は元気w
by: ilimana | 2011/10/14 08:39 | URL [編集] | page top↑
★ナノ母さま
ブダペストは滞在中ばっちり晴れでしたよ。暑い程。後半の旅も7日のうち最後2日以外は晴れていたので上出来きじゃないでしょうか?w
4月始めに鎖橋ライトアップ粘ったんですか~!後半だと大分暖かいですが、始めだとまだ気温不安定でしょうね。お疲れ様です。今度は是非楽しく粘れる時期に…。
by: すずめ | 2011/10/14 20:23 | URL [編集] | page top↑
★ilimanaさま
沖縄でしたか。守備範囲広いですね、いりまなさん。
慣れてね、なんて偉そうに。失礼しました。住んでても慣れてないのに(爆)でもハンガリー語って本当変な言語で。(って言い切れるほどは知らないけど多分あってる)何語にも似てないし日本人に耳慣れない音(子音も母音も)もあるし…無理です。(マル投げ)そもそもカタカナ表記自体が無理な言語なんです。
by: すずめ | 2011/10/14 20:27 | URL [編集] | page top↑
偉そうなんて、全然っ!
ハンガリー語、フツーに日本で生活していたら、接点はかぎりなく少ないですよね...。少なくともワタシは
そうで。そんな言語圏でご生活...いつもキレイなお写真に「うらやましい~」のひとことですが、いろいろご苦労もおありなのかな、と改めて思いました。
ワタシは言語学をちらりと勉強しているのですが、ちょっとは耳慣れたドイツ語だってフランス語だって、「ムリ」w。これがカタカナにもできない言語となりゃ...ですねぇ。アフリカとか、言語を越えた音を産生する民俗とか...喉頭の解剖は同じなのに、不思議ですね。
あ、カチャーシーは、よく沖縄音楽に合わせて両手を上にあげて左右に振ってるアレです。おばあのなめらかな動き、あれも真似ようったって内地の人間には全然真似できなくて。民俗(同じ日本人ではあるけれど)ごとのDNAっつーんですかねー。ただ、それぞれの文化の違いを見聞きするのはワタシはとても興味深く、楽しいです!すずめさんのぶろぐも、そんなワタシにはとても楽しくて♪ でわでわ、またおじゃましに来まーす!
by: ilimana | 2011/10/15 14:19 | URL [編集] | page top↑
★ilimanaさま
ほ~~!言語学学ばれたんですか!って何を学ぶのかさぱ~り見当も付きませんが(笑)ルーツとか言語ファミリーの特徴とか?興味津々ですね。ハンガリーは言語学的にどんな位置づけなんでしょうね。
ハンガリー、特にブダペストは英語が分かる方の人口が多いので私みたいにハンガリー語やってなくても何とか生きていけちゃいます。英語ごりおしですwマーケットでおばあちゃん相手にやりとりする時はさすがにちょっとやっとけばよかったな、と思うけど…それ位?私は分からん言語の中で生活した年数が長くなってきて、多少分からない情況とかちっとも気にならなくなってしまい。本当に知らなきゃならないことっと割と街中には少ないもんですw
by: すずめ | 2011/10/18 18:18 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。