--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Sat.

エゲル 絶品カモ

トカイを後にして向かったのはエゲル。ここもまた有名なワインの産地。
DSC_0198_20130201050438.jpg
前日の雪が残る霧がかかった日。街はこじんまりしていてなかなかよろし。
DSC_0197_20130201050435.jpg

DSC_0204_20130201050442.jpg
寒そう。多分この人はこの彫刻的に脇役だね。
DSC_0207_20130201050444.jpg
暖かい季節はここに外席が並んでにぎやからしい。
DSC_0208_20130210065703.jpg
Bikaverは雄牛の血という意味。エゲルで作られるブレンドの名称。その昔トルコ人が侵略してきたときハンガリー兵士たちに美味しい食べ物と赤ワインをたらふく与え戦いに備えさせており、その様子を見たトルコ人が「ハンガリー人はワインに牛の血を混ぜて飲んでるー」とおののいた、という話からきているとか。
DSC_0212_20130210065704.jpg
寒く静かなストリート。
DSC_0216_20130210065705.jpg
今晩はこちらのレストランが目当て。友人が先月行ってとても美味しかった!と教えてくれて。
DSC_0217_20130210065706.jpg
食事の前の腹ごしらえに、城壁目指して登ってみる。
DSC_0222_20130210065707.jpg

DSC_0223_20130210065822.jpg
ガスがかかった町。雪が屋根に残ってきれい。
DSC_0226_20130210065823.jpg
城壁の上に城があるかと思えば無く…。寒いし人気がないのでぐるっと見て下山。
DSC_0229_20130210065824.jpg
寒いー。
ちょっと早目に先ほどのレストランに入り。
DSC_0233_20130210065825.jpg
メイン頼む前にワインを持ってきてもらう。頼むメインは決まっていたからそれに合うワインを聞いてみる。とても料理とワインに精通したウェイターさん。
DSC_0246_20130210065849.jpg
お勧めはこちら。St.Andreaがずらりと並ぶワインリストから。
DSC_0245_20130210065826.jpg
2年前の結婚記念日で飲んだ美味しいワインがSt. Andreaだったのは覚えていた。だから期待大きく。畑のこの畝から取れたブドウで、合計何本生産されたかなどが記載された由緒正しい感じのワイン。もうこれが本当に好みで最初の一口から最後の一口まで感動しっぱなし!今度来たらここのワイナリーを是非見学させていただきたい。
DSC_0247_20130210065850.jpg
そして頼んだメインはこれ。ローズダックとフォアグラのプラムソース添え、ホームメイドパスタ付き。友人はこれでノックアウトされた、と聞いて一口食べて納得。ノックアウト。絶品でした。焼き加減といい、ソースといい、もういうことなし。
DSC_0253_20130210065851.jpg
美味しすぎて目が見開いちゃった人 笑。
DSC_0261_20130210065852.jpg
食後にチーズ。一緒にグラスでシラーズを。これもフルボディで濃厚で美味。

エゲルは二泊予定していたけれど、翌日大雨だったし、宿はイマイチだったので一泊早く切り上げて帰路に着きました。
エゲルに来て温泉も入らず、ワインセラーにも立ち寄らず帰ってきてしまったw でもImolaの食事とワインで満たされまくり。あれだけのためにまた行きたいほど。でも今度は是非ワイナリー見学付きで。

レストラン情報
Imola Udvarhaz
3300 Eger. Dozsa Gyorgy ter 4
tel (36)516-180
23:41 | ハンガリー旅 | comments (2) | edit | page top↑
拉麵 in Budapest | top | トカイワイン

Comments

見開き杉!!!
by: R | 2013/02/10 02:36 | URL [編集] | page top↑
★R君
ただでさえでかいのにこぼれそうw
by: すずめ | 2013/02/27 09:31 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。