--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Fri.

ブルガスで友と

ブルガスでは友人たちに誘われてこんな緑豊かな森にBBQにも行きました。
DSC_0663.jpg
厳密にはブルガスから20kmほど離れたバネヴォという温泉保養地。森の中なのにバーベキュー窯があって近くに「火気に注意」の看板が。矛盾してね?w そういう適当な感じが好きさ、ブルガリア。
DSC_0664.jpg
BBQの達人達がせっせと火起こし。
DSC_0672_20130608005458.jpg
火加減の調整は任せろ。っというかこの若造ニッキーではなく熟年ブル人達がその辺は熟知していて最高の焼き加減の肉がどっさり。
DSC_0695.jpg
いただきまーす。横は宿敵マリオだけど肉の匂いにはかなわない。
DSC_0704.jpg
大好きな仲間達と♪ 

別の日私がかーちゃん、と慕うカーチャとその家族が呼んでくれて。
DSC_0649.jpg
ブルガリアの美味しいビール、ザゴルカのペットボトル登場。ペットボトルビールってあまりほかの国では見ないよね?シーレネ(白チーズ)にパプリカかけたのやグリーンサラダ、サラミ、ポテト、とブルガリア代表食材が並ぶ。
DSC_0651.jpg
カーチャがグリルしてくれた口に特徴のあるこの魚がとても美味しかった!日本人=魚って思っている人が多くて、お呼ばれの時よくこうやって豪快に魚をふるまってくれる友が多いのです。感謝~!
DSC_0653.jpg
私でもオットでもなく、マルティンにターゲットロックオンw 
DSC_0654_20130608005423.jpg
「ねぇねぇ、早く次くださいよ」と魚催促。
ブルガスの皆の近況聞いたり、旧交を温めてお腹も心も満ち足りた。

これは私のブルでのソウルフード、バーニッツァ。私が好きなのを知っていてオーリャが毎度手作りして待っていてくれる。そして帰る時も作って待っててくれて、道中食べて、と持たせてくれる。本当に優しいの。
DSC_0511_20130608005420.jpg
オーリャのバーニッツァのバランスは最高。つくり方聞いたから今度トライしてみる。ハンガリーにはシーレネないから何かしらの白チーズで代用するしかないけど。
※バーニッツァとはコリと呼ばれる薄皮ペイストリーに卵、シーレネ、ヨーグルト、ミルク、小麦粉少々を混ぜた液を巻き込んで焼き上げるパンともペイストリーともつかないブルガリア独自の炭水化物。

今回は市内ラズール地区にあるアパートを借りて滞在。
DSC_0563.jpg
アパートからの眺め。
DSC_0770.jpg
滞在中スーパームーンの夜があったのでした。確かに大きかった!

シーガーデンには歩いて行けるのでしょっちゅう出没。
DSC_0779.jpg
こんな海沿いに沢山のレストランやバーがあって気軽に食べれるのです。とんびはこれが大好きで、シーガーデン行くと散歩よりもレストランに入りたがって一気にテンションアップになります。なんなのー。
DSC_0778.jpg
フライドポテトのシーレネ掛け。注文の時「パルジェニカルトフィ(フライドポテト)」と言うと必ず「スス、イリ、べス?(with or without?)」とシーレネかけるかかけないか聞かれますw これも皆大好き、ブル人外食国民食。ビール+ポテト+ツァツァで大体7レバ位(3.5ユーロ)。安いなー。お腹いっぱい。
DSC_0780.jpg
そしてやっぱりツァツァとビール!レモンをぎゅっとたっぷり絞って。
DSC_0781.jpg
レストランやバーで「ジントニック」と頼むと必ずこうやって出てくる。自分の好きな分量で合わせて飲む。これって他の国もこうやってでてくるもの?
DSC_0786.jpg
海辺のバー。
DSC_0723.jpg
白い貝をせっせと集めて。
DSC_0735.jpg

ブルガスといったら外せないこの方w
DSC_0004_20130608020701.jpg
シェフ・ロバート♪ ロバートとフリスティーナの家に行くと最初にブルガスに行った頃の懐かしい感覚がいつもよみがえる。大好きな二人。
DSC_0006_20130608020702.jpg
ロバートが持っているのは生ポルチーニ!(ブル語でマナタルキ)ブルガリア中部の村に行ってきてどっさり買い込んできたんだって。
DSC_0008_20130608020704.jpg
ステキなハンドペイントワイングラス。
DSC_0009_20130608020705.jpg
とんびもここが懐かくてうはうは。
DSC_0013_20130608020726.jpg
フレッシュハーブや野菜が所狭しと並んで、おしゃべりしながら目の前でじゃんじゃん料理されていく様子を見るのは極上のエンターテイメント。
DSC_0011_20130608020706.jpg
ロバートの国、マケドニアのシーレネ。ブルガリアのより発酵が進んでしょっぱ味が強い。これも旨し。
DSC_0016_20130608020727.jpg
みんなでわいわい手伝い。
DSC_0024_20130608020730.jpg

DSC_0019_20130608020729.jpg
ポルチーニソテー、絶品!他にも15品目位入った贅沢サラダや、魚のマリネとディルの前菜など。ウゾと合う―。
DSC_0029_20130608020731.jpg
なんなの、これー、な美味しさのロバートカレー。フルーティでスパイシーで最高。結局なんのフルーツなのかはいまだになぞ。
DSC_0045_20130608020750.jpg
ワインを開けながら語らう夕べ。あぁ、最高。

17:45 | 2013 Bulgaria/Greece | comments (5) | edit | page top↑
ドナウ川洪水速報 | top | ブルガス訪問

Comments

美味しそうなお料理ばっかりで羨ましいわー。
こうして帰る場所があるのっていいですね♪
tombi君の肉のニオイを堪能中な顔がツボです!!
by: まみ。 | 2013/06/07 21:59 | URL [編集] | page top↑
私もロバートさん覚えてる~(笑)
お料理が抜群に上手な方ですよね(*^^*)
確か・・・トンちゃんの好きな(´(ェ)`)クマさんが・・・?
by: 京子 | 2013/06/08 10:14 | URL [編集] | page top↑
★まみ。さま
帰る場所があるっていい・・・ってつくづく思った今回の休暇でした。ブルガリア人が長年かたくなに守ってきた食ってシンプルだけど美味しいのです。食材もいいし。
とんびは匂いにとどまらず相伴にあずかりまくりで嬉しい午後でした。
by: すずめ | 2013/06/09 16:19 | URL [編集] | page top↑
★京子さま
前ブログから見てくれている人だと有名人(笑)なロバート。料理のインスピレーションがどんどん降って来るらしく同じ料理は二度と出ないというw 何作っても美味しいのです。
よく覚えてるね。ロバートのぬいぐるみ、とんびが気に入って振り回したからもう出してくれなくなったのw
by: すずめ | 2013/06/09 16:22 | URL [編集] | page top↑
やっぱりクマさんと共に登場してた!!
私は変なところで記憶力が良いのです(笑)
by: 京子 | 2013/06/09 17:03 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。