Tue.

オーストリアの山 ③

夏の山編、最後です。(我が家にしてみたら)本格トレッキングな日。
DSC_0430_20131016032658660.jpg
ヒアウィゴー♪
といいつつ、目的地は「多分あそこだろう」程度の曖昧なスタート。標識見ながらたどって行けば何とかなるだろ、という気軽なスタートでした。
DSC_0436_20131016032700fbf.jpg
ほあ~♪
DSC_0458.jpg
それがなんだろう、結構きつい。この辺に出るまで山道の道なき道をブッシュをかき分けながら木に時々記されたオーストリアの国旗マークだけを頼りに進んだりして。赤獣君ついてくるのに必死。やっと視界が開けたあたり。大分上まで来たなー。
DSC_0472.jpg
わわー、見えてきた。これ目指してたんだ(この時知ったw)これ3000m級のダッハシュタインですよ。間近で見るとまた圧巻。
DSC_0484_2013101603272769d.jpg
君は本当にタフガイ、9歳。ここまですでに3時間はかなりの山道歩いてる。
DSC_0501.jpg
なんとなく達成感。
DSC_0508.jpg
この山の麓にあるSulzkaralm(山小屋)でビール休憩することに。登山客でにぎわってて。柵の外は家畜がうろうろ、中の人を見物。
DSC_0516_20131016032743d3c.jpg
見物牛。
DSC_0519.jpg
ゆっくり休んで(TOMBIはベンチの上でばっちり昼寝)さらに奥を目指してみる。振り返るとさっきまでいたアルムが見える。
DSC_0520_20131016032808388.jpg
高山植物ラブ❤
DSC_0526_20131016032809c75.jpg
30分ほど歩くと見えてきました。次なる目的地のアルム。あそこきっと眺めいいぞー。
DSC_0527.jpg

DSC_0528_20131016032813e0f.jpg
近づいてきた。
DSC_0530_20131016032819ac5.jpg
マダルムヒュッテ、到着。
DSC_0532_20131016032836d28.jpg
眺めよかったよ。
DSC_0534_2013101603283864c.jpg
メニューにバターミルクと書いてあってなんだろう、と頼んでみたら濃厚なヨーグルトの様なドリンクが。美味しかった。TOMBIとシェア。
DSC_0541_201310160328436d7.jpg
さあ、帰るよー。下山開始。
DSC_0548_2013101603284561a.jpg
牛ととん。
DSC_0558.jpg
この下りはカーブした砂利道で、ついに我が家のタフガイも根を上げて座り込んだ。「もう歩けませんので」ここまでよく頑張ったから、オットタクシーでしばらく下山。しばらくしたら元気を取り戻したらしくまた自分の足で歩いてくれました。途中から道なき道を感だけを頼りに車停めたあたりを目指して進んだ時は体力も限界だったし、まさか遭難!?の不安もよぎってドキドキでした。でもなんだかんだ車にたどり着いてよかったー。登山地図がほしい!!宿までの帰り道車に乗った途端泥のように寝た赤獣。すごい歩かせちゃってごめんね。でも本当よく頑張った!全行程6時間。
DSC_0574.jpg
翌日は二人とも足腰全体筋肉痛で歩くのもやっと。なので軽い散歩を。
DSC_0575.jpg

DSC_0580.jpg
切り株犬♪

思いのほか山に登りまくった休暇でした。登った先にある景色が見たくて登っちゃう。
人はそこに山があるから登る・・・のではなくて、帰る家があるから登るんだそうですね。確かに。

オーストリア編、終わり。


20:12 | 2013 Austria | comments (0) | edit | page top↑
キーライ通り周辺散歩 | top | またまた散歩♪

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する