--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Mon.

オーストリアの冬山とブラティスラバ

どうも、ご無沙汰です。SNSの手軽さに流されまくってブログから遠のきすぎていました。
とんび家、元気です。
気づいたらもう6月です!数日前に我が家はブダペストに越してきてちょうど5年を迎えました。時の流れるのは早いものです。
もうすっかり夏時間で日が長くて外の空気が最高に気持ちいい季節満喫中ですが、大きく開いたブログの穴をちょっとだけつくろいたいと思います。

冬。
私の長年の夢だったオーストリアの雪山ヴァカンス。独身の頃は仲間達と時々冬山スキーを楽しんでいました。が、結婚してからはとーんとご無沙汰。というのもオットは大の滑りもの系が苦手人間で。かくいう私も右肩脱臼症を抱えていてスキーはリスクが大きいのでそれほど滑りたい願望は無く。でも、雪山の美しさは忘れられずいつか雪山・・・と願い続けていました。
重い腰を上げてオットがオーストリア雪山ヴァカンスに同意してくれてザルツブルグから南に電車やバスを乗り継いで2時間ほどの山間の村へ行ったのが1月中旬。でもねー、今年は暖冬だった。少なくとも私たちが行った時はまだ寒波来てなかった!雪は数日前に降ったのがかろうじて残っている程度。全然寒くない。
1_2015060204262990d.jpg
まぁ、でも大好きなオーストリアの田舎の宿を満喫したり、宿の周りを散歩したりエンジョイしてきましたよ。このオッチャン犬は・・・ツメタイ
2_201506020426313cf.jpg
ツメタイデス・・・
テンションだだ下がりだったけども!
3_201506020426321c1.jpg
飼い主がテンション上がってるの見て、というか宿敵ターザンしているのみてマモラナ!モードにw
まぁ、その後そりしたりさらに散歩したりみんなで楽しく過ごしました。

その後2月終わりの週末。友人2家族と一緒にブラティスラバに行ってきました。ブダペストから電車で3時間ほど。ちょうど電車のコンパートメントが6人乗りで、我ら6人グループにぴったり。通路を隔てるドアもついているので完全個室です。とんびも席の間でくつろぐ。
4_201506020426333aa.jpg
初日夕方さっそく旧市街練り歩いたよ。
5_2015060204263560a.jpg
宿は中心から若干ずれた場所だけど、評価も上々でお手頃のアポロホテル。評価ではホテル併設のレストランが素晴らしい、とのことで期待♪ 天井が高くて素敵なレストラン。
6_201506020427165f5.jpg
ジビエが得意とのことでメニュー内容も豊富。シェフお勧め3コースのディナーが16ユーロとか目を疑うお得感で。この写真がなんだったか・・・すっかり失念だけど、スターターからデザートまで大満足の美味しいディナーでした。またこの為だけにブラティスラバ行ってもいい位。ちなみに同じ場所でいただく朝食もとても充実しています。ちなみにちなみに、ホテル全館新しくレノベートされていて清潔で本当に居心地よかったです。立地が中心じゃないってだけが難点。
7_20150602042718aac.jpg
翌日用事があるオットたちを送り出した後妻たちで旧市街巡りの続き。これは王宮に向かう路地裏。石畳がいい味。
8_201506020427200c9.jpg
旧市街でふらりと立ち寄ったデザイナーのお店が思いのほかかわいい。セルビアのお店って言ってたかなぁ。お店の女の子のニットがツボで写真撮らせてもらったの。ちなみにこの女の子たちにお勧めビール処も聞いて行ってみたらとてもいいお店。(名前等全部失念)
5a.jpg
こんな何気ない路地裏が好きでたまらん。

動きのある写真を目指してみました。
22_201506020437445a5.jpg
口は開けなくていいと思う。
21_20150602043743ddb.jpg
どうもタイミングを合わせるのが難しいのと、顔―!
25_201506020438051ef.jpg
沢山撮ってもらった中でも良く撮れた方の一枚。
20_201506020437429fc.jpg
その他沢山のタイミングが難しい写真例。着地の時かかとから腰に激痛が走って、年を思い知った一枚。
とっても楽しい旅だったのでした。

終わり。
21:11 | 近隣の国 | comments (0) | edit | page top↑
クラフトビール処 | top | きのこと日本酒

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。