--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Thu.

風邪対策 in Hungary

インフルエンザがここハンガリーでも流行ってきているようです。ここのところ寒さがマイルドなので風邪の菌も活発らしく。(極寒の冬は菌もアクティブになれないらしくインフルエンザはそれほど広がらないんだとか)

風邪は早め早めに手を打つのが秘訣かと。
ちょっと喉が痛いかな?元気が足りないかな?の日はレモン半個絞ったのにショウガ一かけをすりおろし、熱湯を注ぐ。温度が少し冷めた頃にはちみつを大さじ一杯。(アーユルベーダ的にははちみつは熱処理してはいけないそうで) これ飲むとあったまる。
f1.jpg
ハンガリーのはちみつはおいしい。写真左は菜の花はちみつ。ハンガリー語ではレプツェ repce。腎臓や血管、お腹に作用するようで。右はちょっとレア物、松の木(洪:フェニューfenyő)から。茶色が濃く、香りも味も独特の風味です。フラボノイドが強く、抗酸化作用が高いそうな。

こちら私の常用するミネラルサプリ。ベーレシュチェップ。ハンガリーのお医者さんが不足しがちのミネラルを補う処方で作ったそうな。これを飲むまで20年以上酷い手の主婦湿疹に悩まされていました。これを飲むようになってすぐ湿疹が消えました。嘘みたい。(あくまで私の場合、です。万人に効くわけではないと思います) 風邪かなー?と思ったら多めにこのチェップを取って休むと大抵大丈夫。免疫力をぐーんとあげるんだと思います。
f2.jpg
これを飲むようになって一年半、水仕事もストレスなくできて夢みたい。一日20滴、ジュースに垂らして飲んでます。必ずビタミンCも一緒に取ります。(後ろに写っているのは私が飲んでるビタミンC。これもハンガリーのメーカーです)
どちらもロスマンなどどこの薬局にも売ってます。

あと、冬場服用するのはこちら。ビタミンD。ヨーロッパは冬場の日照時間が短いため、ビタミンDをサプリで補給することに重きを置く人多数。日本(関東)ではあまりビタミンDの存在を意識してなかったような。
f4.jpg
ビタミンDは皮膚の状態を整えたり、免疫を維持したり大事な働きをするそうです。近年は私も冬場はこのサプリを常用。

本当に風邪ひいた時の常備薬として手元にあるのはエキナシア濃縮液。
f5.jpg
これも風邪かなーと思ったら2,30滴飲み物に入れて摂取します。

話変わって、今日はとんびと散歩でサバチャグテールに行ったので、帰りに例の魚屋さんに寄ってこれらをゲット。
f7.jpg
ムール貝こんなに要らなかったんだけど、1キロパックで900フォリント。安くね?イカ小ぶり一杯、エビ100g強。〆て2100フォリント。

今日はムール貝三分の一(も使わなかったけど)と残りのシーフードでパエリアを。この辺を参考にさせてもらってます。
f8.jpg
今日はサフランは割愛で、もっと安く売ってるサフランもどきとパプリカ粉をチキンスープに溶かしたものでお米を炊きました。全然いける。お米がぎゅーっと魚介の汁を吸って美味し過ぎる。内陸国ハンガリーでも本格パエリアが(割と安価に)食べれる日が来るとは・・・(嬉)。

あと、タコが入ったら最高だったんだけどねー・・・今日は大きめしかいなくて一個単位でしか売らないのよ・・・
t5.jpg
タコっぽいお方・・・ (後ろ足がいつも前に出て、舐めてるw)



でもやっぱり魚卵が恋しい私・・・


☟クリックありがとー!

にほんブログ村


06:25 | ハンガリー衣食住 | comments (0) | edit | page top↑
Oriental Soup House フォーの店 | top | 霧の日のブダ散歩

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。