--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Wed.

Siófok 休暇

TOMBI家、ショートホリデーから戻りました。
s10.jpg
こんな夕日を見れて幸せ。

旅はブダペストの南駅発の電車で始まる。行先はバラトン湖畔のシオーフォク。電車で1時間30分弱。近いもんです。
これまで何度も国外国内電車でとんびと乗ってます。赤獣は座席に敷布を敷いた上で丸まって寝て過ごしてます。今まで一度もチケット確認の車掌さんはとんびを気にも留めませんでした。でも今回の若い女性の車掌さんはとんびを見て「犬のチケットは?」と聞いてきました。持っていなかったので彼女から往復のとんびのチケットを買いました。「今まで何度も電車で移動しているけど、今回初めて犬のチケットを求められた。これは新しいシステムなのか?」と聞くとウィーンなどに行く国際線は犬はタダ、国内線は犬のチケットがいる、とのことでした。なぜか女車掌さん、チケット手渡しながら「ソーリー、ソーリー」と謝ってました。なんで? というわけで、今後は国内線の時はちゃんととんびチケットを求めます。(今まで国内線も利用してたんだけどな・・・緩いね)

s1.jpg
駅到着。
駅から歩いてホテルへ。初めて来るバラトン湖畔の街は、冬はオフシーズンで閑散としてました。でもこじんまりしたいい街。

s2.jpg
先月オープンしたばかりの新しいホテルでした。ウェルカムドリンクをいただきました。(ノンアルコール)おいち。
ホテルはウェルネス・スパを目玉にしてるのでサウナ三昧目指してここ予約しました。犬も一泊3000フォリントで可能。
夕食までサウナ。夕食後ものんびり。

翌日は天気が良かったので近所に散歩。
s3.jpg
湖畔沿いに長く横たわる公園の名前がヨーカイ・パーク。妖怪って脳内変換しちゃうよね。ハンガリーによくある名前。妖怪通り、妖怪広場etc.

s4.jpg
とんちゃん、落ちないでね。

目指すは埠頭の先端。
s6.jpg
埠頭の先端は風が強くて波も荒くて打ち付けてました。淡水にも潮の満ち引きってあるんですか?

s5.jpg
埠頭を離れて湖畔は穏やか。白鳥や水鳥がいたりして穏やか。

湖畔のベンチにいつものごとく赤獣に「座りましょう!」と誘われてしばしこの景色を見ながらまったり。遠くが見えるっていいねぇ。写真にはちゃんと写ってませんがバラトン湖は水が緑がかって綺麗でした!水質はきれいだと思います。
s7.jpg
バラとん。

s8.jpg
ヨーカイ公園を横切って。


この旅は笑顔率高めの走る12歳。

s9.jpg
中心街へ。給水塔。翌日電車までの待ち時間にこの上に登りました。(一人850フォリント。小さい犬なら同行可能)最上部は椅子とテーブルがあって、座っていると回転します。一周約10分。なかなかの眺めでした。寛ぐ場所だったので二周しました。

さて、二日目は天気が良好だったので夕日も期待♪
s11.jpg
ホテルからぐるっと歩いて埠頭の反対側へ。
冒頭の素晴らしい夕焼けが見れたのもここから。

s12.jpg
夕焼けとん。手はなぜ。

ハーフボード(一泊二食付き)だったのでホテルでのんびりできてよかったです。ご飯もおいしかった。
温泉があったら尚◎だったけど、スパ施設がきれいで満足でした。


Hotel Yacht Siófok



ハンガリー来てから温泉にサウナにと水着活用率が高い。そろそろ次のが欲しい所。これかわいい。


☟応援クリックありがとう♪

にほんブログ村

04:47 | ハンガリー旅 | comments (0) | edit | page top↑
メドヴェハジマの季節 | top | Oriental Soup House フォーの店

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。