Wed.

クロアチアの旅 クルク島バシュカ 

今日のブダペストは気温2度と冬に逆戻りの寒ーい雨模様。朝には雪も降ったのでした。4月も後半なのに!
この寒波でしまっていたブーツとかコートを引っ張り出す始末。3月のほうが暖かかったよね?半袖の日々もあってもう冬服いらないやーって片づけちゃったよね。

雨なのでとんびの散歩は無し。ここ最近ではとても久々。
ちょっと時間もあるしブログを・・・と思って見ていたら去年の夏の終わりのクロアチア旅行が途中で放り出されてました。
がんばって続きアップしてみます。

初日一泊したザグレブの後はさらに西に車を走らせ目指すはクルク島(Krk island)。そこの南東に位置するバシュカ(Baška)という街に宿をとっています。
P1020873.jpg
ザグレブから3,4時間で到着。海の青がまぶしい。

P1020875.jpg
いかにもクロアチアのビーチっぽい景色です。青く美しい海とワイルドに切り立った丘とのコントラスト。ちなみにクロアチアには砂浜はほぼないようです。(砂浴したくてさんざん調べた)小石や岩のビーチが一般的。
これはバシュカのビーチの人間用ゴロゴロスポット。そしてもう少し浜の右端の方に行くと・・・

P1020877.jpg
ワンコ用ビーチがあります!

P1020878.jpg
写真では伝わらないけどたくさんの犬連れがビーチでくつろいでいました。なれた犬は勝手に海に泳ぎに行ったりかなり楽しんでいる様子。

P1020892.jpg
とんびは海には積極的に好意を持たないタイプw 以前黒海で無理やり泳がされたので十分だそうです。

P1020907.jpg
ビールタイムの方が明らかに楽しそう。カフェとかバーとかレストランとかが大好きな犬。

P1020913.jpg
着いた日の夜は近所のシーフードグリルレストランで。こったメニューはないけど、海なし国から来た者にとっては新鮮なタコのサラダとかグリル魚とかでテンションマックスになれます。

P1020914.jpg
地元クルク島で作られた白ワイン。これがとってもおいしくてびっくり。

P1020915.jpg
タコ・イカ好き女のごはん。

P1020916.jpg
オットは店おすすめの今日の魚のグリル。付け合わせはこの辺ではこういうポテトにスイスチャードを混ぜたものがよく出てくる。美味しい。

P1020940_20170420000528514.jpg
食後はゆっくりビーチ散歩。高い高い、やるよねー。

P1020942_201704200005301c6.jpg
人間のお父さんだけが嬉しいパターン。

P1020944_20170420000531174.jpg
夕暮れビーチ。

P1020960_201704200005337f7.jpg
この頃すでにブダペストでは咳込んで大変な頃でした。でもなんでだろう、ザグレブ歩いていた時もここでもほとんど咳が出なかった。だからブダペストの空気が悪くてアレルギー的な咳なのかも、と疑っていたりした。まだ心臓病が確定していないころ。

P1020972.jpg
今思えば特にバシュカでは咳でなかったなー。心臓も関係するけどアレルギーもあるのかな?

翌朝宿から歩いてビーチへ。朝の光でまた海の色が変わる。
P1020975.jpg
ヨーロッパの海はスタイルとか関係無い系の人々が堂々とゴロゴロしています。夏だから水着になるし痩せなきゃーとかは日本でしか聞かないかもw

P1020980.jpg
老若男女自由気ままにのんびり夏の太陽と海を楽しみます。おそらく何日も何日も。(私たちは二泊のみ)

P1020982.jpg
ただぽーっと眺めているだけで心が浄化される。

ランチどころを求めて長いビーチの東側に繰り出してみました。(こっちの方が栄えてる)
P1020987.jpg

P1020991.jpg

P1020995.jpg
小さい旧市街もありました。

P1020996.jpg

P1030002.jpg

P1030008.jpg

P1030010.jpg
ちょっとブラブラしてから海辺の数あるレストランから一つ選んで(一番客引きに気合が入っていない店)クロアチアビールで喉を潤しました。もちろんランチも魚料理。

という感じのバシュカのビーチバカンス。のんびりした空気が流れていてよかった。クロアチアの自然の雄大さに心奪われ。
でも日本人らしく2泊3日のみ!(本当はもっとゆっくりしたかったなー・・・)

<続く>


16:51 | 2016年クロアチア | comments (0) | edit | page top↑
クロアチアの旅 クルク島ヴルブニク | top | 2017年春 本格フレンチベーカリー

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する