--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Wed.

ザコパネ・ミシュコルツ

さて、ちょっとサボっている間にこちらはすっかり冬になっており。今日はこの冬すでに3回目の雪。
まだ秋模様のポーランド、一気に上げます。
クラクフのあと車で二時間弱ほど快適な道を南下し、目指したのはザコパネ。
スロバキアとポーランドにまたがるタトラ山脈の麓の山間避暑地。
ハンガリーで友人達からクラクフ行くならザコパネも行ったらいい、と薦められそれまで聞いたこともない地名だったけど薦められるがままに。
DSC_0489.jpg
あら、ステキ~。ホテルのすぐ裏の小川。山の麓で空気や水が澄んでおり。泊まったホテルも綺麗で快適で立派なサウナにプールもあって毎日活用。
DSC_0587.jpg
紅葉は今一つだったけど、所々色づいてました。
DSC_0562_20101201181319.jpg
苔の生えるかっこいい切り株だなぁと思ったから「とんび、ここに来て」と指差したら、てけてけてけっとやってきてこのポーズ(爆)ザコパネでは写真協力的な犬。笑顔はないけど。
DSC_0573.jpg
水が澄んでいる証拠にクレソンがそこらじゅうに密生。その場で噛んだらほろ苦くておいしく。
DSC_0577_20101201181512.jpg
これでもクラクフにいたころより機嫌がいい犬。
DSC_0507.jpg
ザコパネ中心街に下りると背後に広がるタトラ山脈が望める。来た初日は天気が良かった。
DSC_0505.jpg
ザコパネ、ダウンタウン。夏は避暑地、冬はスキーでなかなか栄えた観光地。
DSC_0556.jpg
ザコパネ名産品、スモークチーズ。表面に彫り物がしてある。最初木の彫り物かなんかかと思ってた。牛のチーズ買って部屋でビールのつまみに。美味しいです。他に羊やヤギのチーズもあり。
DSC_0502.jpg
ダウンタウンで入った伝統風レストラン。ウェイターのコスチュームがかっこいい。私はここでももちろんジュレーク。
DSC_0548.jpg
ザコパネ式家屋を展示しているところに立ち寄る。
DSC_0528.jpg
バックの木の家がこの土地伝統のスタイル。牛連れ夫婦が普通に登場。
DSC_0534.jpg
中も当時のままの家具や小物が展示。こじんまり居心地よさげな木の家。
DSC_0537.jpg
家の中の展示品。
DSC_0540.jpg
DSC_0543.jpg
DSC_0551.jpg
この界隈の一般の家屋も割と伝統スタイルを保っていて。木を多用する家が多い。この家のドアの蝶番がなんともかわいいなぁと思い。

翌日天気が怪しいなぁと思いつつもタトラの山の上まで行けるゴンドラに乗ってみた。
DSC_0517.jpg
案の定、山の上に行くほどにもやって、視界悪い。こんなんだったら最初の日に行っておくんだった…
DSC_0511.jpg
ゴンドラの中。割と人が入る。20人位。
DSC_0520.jpg
あ~あ…やっぱり。山の上は氷点下。寒いし視界ゼロだしさっさと諦めてレストハウスでご飯。
DSC_0522.jpg
ピエロギなる食べ物。ラビオリと水餃子の合いの子みたいな、もちっとした食感の中にミンチ肉のフィリング。割といける。
DSC_0590.jpg
もっと天気のいい日にまた来よう、とリベンジを誓ってとっとと下山。下は暖かく感じた。客待ちの馬がご飯をもりもり。
快適宿舎でのんびりできたし、満足のうちにポーランドを後にし。
DSC_0610.jpg
帰り道スロバキアで遭遇した紅葉。天気が曇りなのがちょっと残念だけど、なかなか素晴しい眺めで。しばらくここで休憩。
DSC_0616.jpg

DSC_0635.jpg
DSC_0593_20101201181629.jpg

さあ、一気にハンガリーへ。ハンガリー・スロバキア・ポーランドはシェンゲン条約国なので国境は排除されており。国境跡を見ながら通過。
DSC_0661.jpg
ハンガリーの北の町、ミシュコルツで休憩。
DSC_0664_20101201182058.jpg
旧市街は綺麗に整備もされて(いる途上)なかなか良い感じ。
DSC_0666.jpg
DSC_0671.jpg
DSC_0672.jpg
このレストランに決め。割と即決、そして当たり。
DSC_0655_20101201182100.jpg
ビール醸造所併設レストランだったようで。そこのビール美味しいし!ハンガリーでこんなビールがあったとは。
DSC_0658.jpg
料理も典型的ハンガリー。いのししシチュー。美味しかったです。
DSC_0683.jpg
腹ごなしに歩いていたら「触ってもいいですか~?」とかわいい女の子が近づいてきて。大丈夫かなぁと思ったけど(TOMBI超人見知りなので)なんと奇跡的に大丈夫で普通に触らせていた。優しいおとなしい雰囲気の子だったからよかったのかなぁ…。


っと、長い長い記事でしたが、これにてスロバキア・ポーランドの旅紀は(やっと)終了。
11:41 | 2010 Slovakia/Poland | comments (5) | edit | page top↑
ヴォロシュマルティテール・マーケット | top | 異種間の友情

Comments

木の家と石屋根
「スロバキア・ポーランド」シリーズ、楽しみました!! ポーもスラブ系の国、言語もブル語に近くて親しみを感じるのですが、木の家もいいですね~。古い写真に写っている石の屋根、日本の対馬にある石屋根みたいで、ブルガリアで見たときにはけっこうびっくりしたものですが、ポーランドにもあるとは! ちょっと驚きです。
by: むうちえ | 2010/12/01 15:44 | URL [編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2010/12/03 13:52 | URL [編集] | page top↑
はじめまして☆
ハンガリーとわんこが大好きで、すずめさんのブログに辿りつきました(笑)
ブダペストの景色とトンビちゃん、とーーーーっても綺麗な写真ですね☆
私は現在ロンドン在住なのですが、人が多すぎて日本と変わりない日常を過ごしています。なので、静かなハンガリーに住まれているすずめさん一家が羨ましい~。
これからも素敵な写真と記事を拝見させていただきますね♪
いつかまたブダペストに行きたいです☆
by: りな | 2010/12/06 21:19 | URL [編集] | page top↑
★むうちえさま
むうちえさんだったらスロバキア・ポーランドでもほぼ問題なくコミュニケートできると思いますよ。ザコパネの木の家は独特のスタイルですね。あれで暖かいのでしょうねぇ…恐らく冬は極寒なはずだけど。
石の屋根の写真、ポーランドのものか…は定かではないです。色々な国の古い写真が展示されていたので…すみません~。案外ブルだったりして(笑)
by: すずめ | 2010/12/07 10:02 | URL [編集] | page top↑
★りなさま
ロンドンからようこそ~♪
りなさん、ブダペスト好きなんですね!ブログも少し拝見しましたが今ブダペスト展がロンドンで開かれていたんですね~
私は情報にうといので住んでいながらこの街のアート情報が未だ分からずまだ十分楽しめていません。(いつでも行けるや、という気持ちがダメなのも分かってます…)今度美術館に足運んでみようと思います。(ロンドンから展示物が帰ってきたら)
ロミオ君もかわいいですね♪
こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。
by: すずめ | 2010/12/07 10:07 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。