--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Thu.

イタリアは美味しい Ⅱ

友人夫妻の住む地はレッジョ・エミリア。いわずと知れたパルミジャーノ・レッジャーノの生産地です。
DSC_0277_20110224204245.jpg
じゃじゃ~ん。友人夫妻と朝から地元チーズ工場見学させてもらって来ました。
DSC_0191_20110218060622.jpg
指定された朝8:30。工場に到着すると早速釜の並ぶ工場中に招き入れられて大将のフランチェスコにより行程説明開始。ツアー用に別枠で案内されるのではなく、第一線のチーズ職人フランチェスコの作業に同行しながら説明を受けるスタイル。作業員達がわせわせ行きかう活気あふれる現場に白衣も着ない私達なんかがいていいの?って感じ。
DSC_0200_20110218060621.jpg
昨晩絞ったミルクとその朝絞られた地元産限定ミルクを使うそうで。温められたミルクに凝固材を入れてかき混ぜるとみるみるフルーチェ状になっていく様子。
DSC_0210_20110224204053.jpg
この道25年のフランチェスコ。見学させてもらった日が丁度25周年だったそうで。おめでとう!!
職人の手でしか感じられない適度な凝固度確認。
DSC_0216_20110224203939.jpg
と思っていたら「さ、君達も触ってご覧」と躊躇する私達に釜に手を入れろと催促。ちょっと微妙な気分。でもこんな調子の現場参加型(?)のツアー。楽しすぎ~!(しかもこの徹底したツアーをただでしてくれた)
DSC_0213.jpg
凝固したフレッシュチーズを救い上げて硬さを見て。「ほれ、食べな、プレーゴ」と三等分にしてくれ。かぐわしいミルクのおいしいフレッシュチーズ。塩気はこの段階ではゼロ。乳清の美白効果か、フランチェスコの手真っ白で綺麗。
DSC_0239.jpg
私の為に通訳してくれた友。まだ在イタリア一年半なのにしっかりコミュニケーションとって言語能力ありすぎで尊敬。
DSC_0222.jpg
説明に併せて釜を移動。ここでは凝固した乳脂肪分を底からこそぎ上げ布にすくい上げる作業。この作業は見ていて盛り上がる。
DSC_0232_20110224204051.jpg
ほら~!救い上げられたパルミジャーノ・レッジャーノになる部分。こんなに大きな釜からこれだけ。
DSC_0234.jpg
すくい上げられたチーズの硬さを手で押して調べる。フランチェスコ茶目っ気たっぷりに「イタリアではこう言われている。押した弾力が20歳の女の様だったらパーフェクト。40歳、50歳では失格だ。」と、嬉しそうにチーズを押す。「ほれ、押してみろ」とここでもチーズタッチさせられる。
DSC_0247_20110224203938.jpg
お次は部屋を移動し。チーズを形成する型と脇に刻印入れるためのシリコン。これに工場番号や製造年月日が入る。これでチーズの脇全面にPARMIGIANO REGGIANOの文字も入る。
DSC_0252_20110224222612.jpg
型に入れられたチーズ達。フランチェスコのベイビー達♪
DSC_0255.jpg
型に入れられたチーズは数日寝かされた後型から出して塩水プールに漬かる。ここで始めてチーズのあの塩気が入るのか。浸ること数日(日数は忘)。
部屋を移動。
DSC_0260.jpg
キタ~~!熟成室。チーズの香りが充満。美しいチーズ達。
DSC_0264.jpg
誇らしげなフランチェスコ。ここでチーズは毎日回転させられながら1年から3年熟成。
DSC_0267.jpg
並んだチーズの良し悪しはトンカチで叩いて分かる。チーズの頭やお尻や脇をあちこち叩いて聞かせてくれる。
DSC_0271_20110224223740.jpg
調子乗ってそこらじゅうのチーズを叩きまくりのフランチェスコ。
DSC_0278.jpg
こうして全ての工程をパスしたチーズに始めて認証の焼印が押され。この焼印があるものだけが「パルミジャーノ・レッジャーノ」と呼ばれる。
DSC_0281.jpg
きさくなフランチェスコはチョークでおもむろに数字を。ここのチーズ一個500ユーロで1万個あるから~この倉庫の財産は5000000ユーロでぇ…とそんなお金の話は聞いてもないのにどんどん説明してくれる(笑)
DSC_0282.jpg
ツアー終了後、隣の小さな直営ショップでお買い物。13ヶ月、26ヶ月、39ヶ月と順に試食させてもらい。26ヶ月のバランスが素晴しく1キロ購入。
DSC_0286_20110224204337.jpg
そうそう、チーズ工程で布に乳脂肪引き上げた後の乳清は温度を上げさらにクリームを足してリコッタチーズ作ってました。この日は丁度リコッタチーズ販売日。熱々出来立てを一ザルお買い上げの友人。

フランチェスコ、本当にありがとう。
あなたの職人技と誇りとサービス精神に感動でした。

<続く>
14:23 | 2011 Italy | comments (8) | edit | page top↑
イタリアは美味しい Ⅲ | top | くまちゃんも7歳

Comments

むー。チーズ好きにとっては羨ましいと言わざるをえない...
by: R | 2011/02/24 14:47 | URL [編集] | page top↑
★R君
早っ!保存しながら作業していたら途中記事も公開されていたんだ。R君コメくれてから更にあとちょっと続くよ。
チーズ好きには本当たまらないよね。
地元ワインやバルサミコ酢や生ハムと合うんだ。イタリア美味しいんだ、つくづく。
by: すずめ | 2011/02/24 15:17 | URL [編集] | page top↑
いや~~んっ 腰やら骨盤歪んでる間にっ
イタ~リアに行ってたなんてっ!!
それにしても 見事なパルミじゃ~のれっじゃ~~のっ♪
豪快イタリアらしい工場見学ねっ
わ~~ リこったチーズも美味しそう。。。
今 ヨーグルトをペーパーで濾して
リコッタもどき食べながら がまんしました^^;
あ~~ 本場のぱるみじゃのちーの
パスタ隠れるくらいかけて食べたい~~っ
by: くろくろバルボンチーノ | 2011/02/25 22:52 | URL [編集] | page top↑
★くろくろバルボンチーノさま
だ~って、イタリア一時間ぴょ~んと飛ぶと着いちゃうんだも~ん。友のいる地へ行かぬわけにはいかぬ…。ヨーロッパはやっぱり小さいのでした。
こんなに近いのになんなんでしょう、この食に対するこだわりの違いというか美味しいもの遭遇率の違い。
さすが、かさん。ヨーグルトペーパーで漉すとリコッタチーズもどきになるとですか?賢い…私もやってみよ。
チーズはまだ買ってきたのがあるけどすごいスピードで消費しております。もっと買ってくればよかった。
by: すずめ | 2011/02/25 23:12 | URL [編集] | page top↑
わ~、楽しそう!フランチェースコーゥ!ちょい悪ギャグ炸裂ゥ。伊達男や~。
圧巻ですねー。手作業なんだなー。
あ、お友達さんもおキレイですね♥
なんかー、いいですっ。パルミジャーノはムリですが、そこでしか!な工場見学、どこかに行ってみたくなりましたー。
by: ilimana | 2011/02/26 01:09 | URL [編集] | page top↑
ワインとかチーズなどなど本当に美味しそう!!チーズができるまでの工程をこうしてじかに見られるなんて~すごいね!!
でも、なにより、親しい友人と時間を過ごせることが幸せな時間だよね~~わたしもすずめちゃん、Tちゃんに会いたくなったよv-238イタリア紀行引き続き楽しみにしていま~す!!
by: oc | 2011/02/27 10:37 | URL [編集] | page top↑
★ilimanaさま
ちょい悪イタリア親父が顔出しました♪
チーズ押す時嬉しそうなのがおかしかったです。
そう、もう全ての釜の工程手作業ですよ。本当に手がかかってあの世界に誇るチーズが出来るんだ~と感動だったのでした。
べっぴん友、頭も性格もべっぴんでe-434

是非東京下町工場見学実践してみてくださ~い。興味津々だわぁ。
by: すずめ | 2011/02/27 10:51 | URL [編集] | page top↑
★ocちゃん
なんとも教育的なイタリア滞在だったよ。美味しいものが出来る工程見るのって楽し~!
本当はバルサミコ酢工場も見たかったんだけどこれはまた次回に保留。
いつか皆で行きたい、会いたいね~!
by: すずめ | 2011/02/27 10:54 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。