--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Fri.

母の旧姓

こちらに来た翌日、地元の友人が早速駆けつけてくれて市内で生活に必要な諸手続をするのを手伝ってくれました。
まずは銀行口座の開設。始めに地元の銀行行きましたが、途中まで記入フォームを作成した末まだ住所も電話も決まっていない外国人が口座を開くのは難しいということになり諦め。次にもっと国際的に展開している銀行へ。そこでは無事二つ口座を開設できました。興味深かったのはどちらの銀行でも自分達の名前を聞かれた後「母親の旧姓」を尋ねられたこと。予期していなかった質問に一瞬「は!?」となりましたが、どうもここではごく当たり前のことらしく。
IMG_0047.jpg
                  フランツ・リスト音楽院

聞くとハンガリー人は同じ名前の人が沢山いるため、個人識別にこの質問を多用するんだそうで。不幸な生い立ちでお母さんがいない人はちょっと大変だそうです。銀行二つで母の旧姓を述べ、携帯電話を契約する時も母の旧姓は登場し、インターネット開設にも、もちろん賃貸契約にも。いまだかつてこんなに母の旧姓にスポットライトがあびせられたことはあっただろうか(笑)
IMG_0071.jpg
                  ヨーロッパ最大 ユダヤ人のシナゴーグ

ハンガリー人の名前のバラエティが少ないのは、生まれた赤ちゃんに親は好きな名前が与えられるわけではなく、生まれる日それぞれにすでに決まった名前のリストがあってその中から選んで命名するからだそうで。(訂正:この下りに訂正が必要なようで。生まれる日のリストでは無く数ある名前のリストの中から選べるそうで。つけた名前それぞれに「日」が定められていて「名前の日」というのも誕生日と同じ位重要な日として祝うシステムらしい。)リスト以外の名前は付けれないこともないけれど割りと高額のお金を払わないとならないらしいです。苗字はどうなってるんだろう・・・。
IMG_0054.jpg
                  オペラ座

ハンガリーでは私の旧姓よりよっぽどポピュラーな母の旧姓♪
11:30 | 日常の出来事 | comments (0) | edit | page top↑
ワイン屋さん | top | もらってしまった

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。