--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Thu.

TOMBIの咳の原因

(今日の記事、長いです)
過去数か月、ここでも何度かとんびが咳き込むと書いてきました。
6月頭位から始まった咳。なかなか原因を突き止められず有効な対処法も見いだされず10月になってしまいました。
9月、10月は咳が酷くなって本当に悩みました。ホメオパシーの先生も真摯に対応してくれていたものの、これといった緩和に繋がらず。ある日とんびの咳き込んだ時に出した粘膜に血が混じっているのを見て半パニックになった私は家の目の前の動物病院に抱えて連れ込みました。その時診察担当していたのは今まで会ったことない若い女医さん。大学出たて?に見える若さ。大丈夫かなぁ・・・と偏見で一抹の不安があったのですが、順番を待っているときに診察終えて出てきたプードル連れのおばさんと立ち話。16歳の子の診察は最近はもっぱらこの先生にお願いしてるの。とっても丁寧に見てくれて信頼できるいいお医者だよ、と太鼓判くれました。この人自身この医院には20年世話になっているそうで。
t10.jpg
すぐにとんびの番。咳のこと、今までの治療の経歴を伝えました。すぐに聴診器でじーーーーっくり心臓の音を聞いていました。目を瞑って全神経音に集中している様子。Dr.Vertesです。

tombi clinique (1)
今回お世話になった動物病院。家から徒歩20秒。
結果、心臓に雑音があること、ポンプ力が弱まって水分がうまく循環できない音がする、と。肺にも水分の音がする。よって心臓に問題があり、おそらくそれが咳の原因でしょう。アレルギーが咳を引き起こしている可能性はゼロではないけれど、まずはこの心臓の負荷を軽くしてあげてそれから必要に応じて次の手段を考えましょう。と、論理的に丁寧に説明をしてくれました。とても納得いく説明と真摯な姿勢に胸が軽くなった気持ちでした。咳が出始めて実に6人目のお医者です。早速体の循環できずにたまっている水分を出す薬(Furosemide)を筋肉注射し(とんちゃん針指したら「ぴえーーーー」)、心臓のポンプ活動をサポートするCardalisという錠剤が処方されました。

t18.jpg
その日の午後は謎の水たまりが家のあちことに。(後で聞いたら我慢できずに出てきたおしっこだそうで。後にも先にもおもらししたのはこの日だけだったけど)心臓と肺の余分の水分が出たのでしょう、数時間で咳が劇的に収まり、本人(犬)もとても楽そう。その様子を見て私たちも本当に心底ほっとしました。心臓が悪いことが確定した悲しみやショックよりも、咳の苦しみから楽になったことの喜びが大きかった、そんな一日でした。その日を境に咳がほとんどでなくなって皆でよく寝れるようになりました。散歩も足が軽々だし。これは心臓確定だな・・・と思いました。

その日全く違う2つのソースから心臓エコーのスペシャリストの先生の話を聞きました。よし、こうなったらセコンドオピニオンと事実確認の為にその先生にも会おう、と予約を入れました。同じ13区のレヘル通り、14番トラムのHun utca駅の前にある大型動物病院です(24時間営業)。ここのDr.Vrabelyが評判高い心臓エコーの専門。Dr.Vertesもここでエコーやレントゲンを撮ってもらってもらって確認するのはいい考えだ、と同意してくれました。
Dr.ヴラベーリはとんびを見るとすぐ自分も同じ色のプードルを飼っている、と携帯から犬の写真を見せてくれて和みました。経歴を話した後、診察台に横たえたとんびの四肢を私が抑え、先生は手際よく見るからに高性能な超音波の機械で診断。心臓画像は(私でも分かるくらいはっきりと)弁膜が上手く作動していない、よって血液の流れがスムーズに行かない分心臓に負荷がかかる状態、心臓弁膜症(日本語では心臓僧帽弁閉鎖不全症になるのかなぁ)と診断がくだりました。先生は薬を飲んで症状を抑えてあげれば長く生きれるよ、と言ってくれました。その他に気管虚脱の可能性もあるから、レントゲンに回しましょう、と。
tombi clinique (2)
とんちゃんなんと初レントゲン。(この画像はメールで送られてきました)レントゲンのお医者さんは隣の部屋でこれまた専門家でした。結果気管虚脱は無い、肺も大丈夫、とお済をいただきました。検査代は超音波とレントゲンのお医者さんにそれぞれ9500フォリントお支払い。(それぞれ約3000円)

t26.jpg
現在はFurosemideの錠剤1/4錠を一日二回とCardalisを夕食時に一錠で状態は安定しています。
原因を突き止めて対処してくれるお医者さんに出会えて本当によかったです。
これから一生薬を飲み続けないといけない病気になってしまい悲しいですが、上手に症状をコントロールしながら穏やかに余生を過ごしていってほしいです。
ネットを調べると心臓に負荷がかかるのが一番よくないから運動もさせない、という書き込みもありました。でもヴェルテシュ先生は食べることでも散歩でも犬が好きで積極的にすることならさせても問題はない、と言ってくれたのでご飯も散歩も今まで通り。散歩に至っては咳が出ないことが本人の自信に繋がったのか、今までより意気揚々と歩きまくっています。心臓病のおっちゃんとは思えないほど足取り軽い。

そんなとんびの近況です。
自分の覚書も兼ねて書いたので長文になってしまいました。
読んでくださった方ありがとうございました。

もしブダペストで信頼できる獣医をお探しの際には一報ください。詳細お教えします。


ランキング参加中★ 


  
クリック応援ありがとう♪
  


にほんブログ村


21:14 | TOMBI | comments (2) | edit | page top↑
Tue.

センテンドレへ to Szentendre その1

ブダペストから郊外都市線の電車に揺られること約40分。センテンドレというドナウ川沿いの小さな趣のある街があります。
石畳の古い町並みに観光客に魅力なショップやカフェ・食事処も割と充実したスポットです。ブダペストから半日エクスカーションで訪れる観光客多し。HÉV(郊外都市線)でBékásmegyerまで行って乗り換えるかセンテンドレ直通かのどちらかです。Békásmegyerから先はブダペスト圏外なので追加料金300フォリントちょっとを支払います。電車乗るとき市内の自販機 (とってもわかりづらいシステム)でも買えるし電車内のチケット係からも直接買えます(値段は同じ)。

秋の日よりを最後に楽しもう、ととある週末家族三匹で行ってきました。まず目指したのはMjamというレストラン。
DSC_0094_20161102033236c86.jpg
レストランはとても素敵な内装。

DSC_0085_2016110203323732c.jpg
とりあえずビール♪ 最近お気に入りすぎるクルショヴィッツェの黒があった。(チェコビール)

DSC_0087_2016110203323864e.jpg
この日は風の吹く冷えた日だったので中席でしたが(ドッグフレンドリー)、天気がいい時は中庭の席も素敵。

DSC_0088_20161102033240dd9.jpg
オットのアムステルダムバーガー。

DSC_0090_2016110203324170d.jpg
私は感じのいいウェイトレスさんのお勧め、キューバ風スペアリブ、イチジクチャツネとポレンタにサラダ。そう、ここの料理人ハンガリー人じゃないです。カリブ海出身者、メキシコ人、タイ人(だったかな?)と不思議な国際的組み合わせ。料理も各国フュージョン料理となっています。今まで見たことない料理がメニューに並んで正直想像つきません。
でも、結果非常に満足!こちら料理のレベル高く大満足でした!試してみたいその他メニューが多数!センテンドレに来る楽しみが増えました。

DSC_0098_20161102033645532.jpg

DSC_0101_20161102033257caf.jpg
外観。お店のページ

Mjam
Városház tér 2.
Szentendre 2000
(70) 440 3700

ゆっくり大満足のうちにお店を出てちょっくら街歩きに繰り出します。
DSC_0104_20161102033259666.jpg
フー広場からスタート。


ランキング参加中★ 


  
クリック応援ありがとう♪
  


にほんブログ村

20:01 | ハンガリー旅 | comments (0) | edit | page top↑
Sun.

ブダペストの紅葉とハンガリー動乱

季節感無視した夏のクロアチアの記事はちょっと置いておいて、現在のブダペストの模様を。
今年は紅葉が割とゆっくり10月深くまでもって寒暖の差が大きくなったためか紅葉の色づきが鮮やか。例年はここの葉っぱはなぜ紅葉しないで茶色になっちゃうんだろう、と思っていたけど、お天気が関係していたわけね。
autumn budapest 20165
紅葉愛でる散歩満喫。ここは13区のへリスホテル裏の植え込み。このブッシュがきれいに色づくのを見るのは久しぶり。

autumn budapest 20169
サバチャグ広場の国立銀行前の大木も鮮やか。

autumn budapest 201610
青空と建物と紅葉の美しさよ。

autumn budapest 201611
アップでみると黄色♪

autumn budapest 20167
こちらは同じサバチャグ広場の銀杏の木。こちらメスになります。ただいま銀杏たわわ中!横を通り過ぎると「!!!」な匂いが漂いますw 広場内にここと反対側にもう一本銀杏のメスの木がいます。ブダペスト在住銀杏好きの方はねらい目ですよw

autumn budapest 20164
サバチャグ広場の一本の木の下で集めた葉っぱで。一本の木にカラーパレットが揃ってます。

autumn budapest 20163
上の写真撮っていたらこの可愛すぎるテリアとそのお母さんが通り過ぎて「素敵なアートね」とコメントしてくれました。

autumn budapest 201624
こちらは王宮の隅にあるハーブガーデンの一角。蔦の紅葉は黙って通り過ぎれない私。
この方に撮影協力を頼むも・・・超不機嫌!仏頂面!

autumn budapest 201621
「ねーねー、とんびー、こっち見てー」
と: 「・・・」

autumn budapest 201620
これがマックスのサービス。

autumn budapest 20161
マルギット島。

autumn budapest 20162
これは紅葉じゃないけど、こういうことやらされてるから写真が嫌いになるんだね・・・ごめん。

autumn budapest 201615
ここはロージャドムと呼ばれるエリアを歩いているとき見つけた蔦。

autumn budapest 201612
時々歩く散歩ルートの一つ。Mansfeld Peter公園に上がっていく道。バス通りの街路樹もきれい。

autumn budapest 201613
ちょっと久々に行ったら公園が整備されていた。

autumn budapest 201614
Peter Mansfeldは1956年の対ソビエト動乱の際、16歳で革命側へのメッセンジャーボーイとして仕え、17歳で捕らえられ18歳で処刑されるという動乱の犠牲者。動乱の悲劇のヒーローとして記念されている。1956年10月23日の革命記念は今でも大きなハンガリーの祝日の一つ。今年は60周年でちょっと大きく祝われたようで。それに伴ってこの公園も整備された模様。よくハンガリーの国旗の真ん中に穴が開いているのを見るが、これは当時ソビエト支配下にあったとき旗にソ連のマークがあったのを革命の際ソ連マークを丸くくりぬいて掲げていたもので自由の象徴。今でもこの公園をはじめ至る所で掲げられています。結局その革命ではソ連に弾圧された。ちなみに言うと1848年3月15日のハプスブルグからの革命記念日もここでは大きな祝日なんだけど、結局この時の革命も完全に弾圧されて終わっている。ヨーロッパの別の国から来た友人はどっちも惨敗に終わった革命記念日を今でも盛大に祝っているハンガリーは興味深い・・・と。きっと革命スピリットを持つハンガリー人は当時の勇気持って立ち上がった行為そのものをたたえているのだろう。


ランキング参加中★ 


  
クリック応援ありがとう♪
  


にほんブログ村

18:38 | ブダペスト見所 | comments (0) | edit | page top↑
Wed.

クロアチアの旅 ザグレブ その2 

前回からの続き。

あの階段を上ると石畳の旧市街が。
zagreb13.jpg
こういう小道大好き。

zagreb14.jpg
建物のさびれ具合とかがブダペストと類似w
ただブダペストの旧市街は路駐の車がびっちりだしミニバスも通るのでこちらの方が交通量がほぼなく静かで落ち着く。

zagreb15.jpg
味があっていいわぁ。

zagreb17.jpg
と: 知らない街歩き、たのしーねー♪(終始ごきげん)

zagreb18.jpg
マルコ広場。クロアチア語でクロアチアはヘルヴァツカ。ハンガリー語でホルヴァートルサグと聞いたときは「なんでー!」って思ったけど(クロアチア、一文字もかすってないじゃんと)そもそものクロアチア語での名称にどっちかっていうと近かったのね。(それでも大分音違うけど)

zagreb19.jpg
マルコ広場。

zagreb20.jpg
マルコ教会の屋根がポップでかわいい。屋根の左側のエンブレムの中にとんちゃんが3匹w

zagreb21.jpg

zagreb22.jpg
ロトゥルシュチャク要塞。 これに上りましょう。別にとんびも一緒でもいいよ、と緩い感じの受付で入場料(人間分)払って。
古い要塞で、幅の狭い木の階段を上る。とんびは抱っこで。

zagreb23.jpg
上からのザグレブの眺めは

zagreb24.jpg
こじんまりしていていい感じ。(冒頭の写真はここから)

zagreb25.jpg
石の門とか通りながら、こんな小道階段を下りながらさっきのビールのあたりを目指す。

zagreb26.jpg
さっき二人とも気になっていたビール処で。ハウスクラフトビールが何種類もあって、ウェイターさんの特におすすめ、というアンバービールを。ほんとおいしい。

zagreb27.jpg
ニコラ・シュビッチ・ズリンスキー広場。大きな木がそびえ立ってて落ち着く。

zagreb28.jpg

zagreb29.jpg
そのままトミスラヴ王広場に続く。突き当りに見えるのは中央駅。ヨーロッパの主要駅周辺って対外ちょっと荒れた雰囲気なんだけど、ここは整然と綺麗。治安はどこも全く問題なさそう。

zagreb30.jpg
晩御飯はイタリアン。ここで頼んだクロアチアワインがとてもおいしかった。

zagreb31.jpg
食後腹ごなしにさらに歩いてみる。イリッツァ通り。

zagreb32.jpg
オペラ座。

など。一泊の緩い観光モードだったけど、十分楽しんだ。犬と一緒だと博物館系かっとばし傾向にあるけど、まぁ、いい。
また来たい街でした、ザグレブ。
英語が話せる人多いし、そもそもクロアチア語はブルガリア語と似ているので単語が察しがつくことが多いのでなんというか安心感がある。物価はブダペストと同じ位かな。物によっては若干安いかな?という印象。

次は海に行きます。



ランキング参加中★ 


  
クリック応援ありがとう♪
  


にほんブログ村

10:09 | 2016年クロアチア | comments (0) | edit | page top↑
Thu.

2016年夏の終わり クロアチアの旅 その1

八月終わりにクロアチアを旅して来まして。ブダペストでレンタカーして。クロアチア訪問は4年ぶり3度目。

余談ですが、ハンガリー語でクロアチアはホルヴァートルサグ。ハンガリー語は近隣の国や町の名前もマジャール独自の呼び方があるの。
オラソルサグ=イタリア
オロソルサグ=ロシア
ネメットルサグ=ドイツ
レンデェロルサグ=ポーランド
ベーチ=ウィーン
ポジョニ=ブラティスラヴァ

ほんの一例です。独自路線突き走ります、マジャール。

さて、初めて首都ザグレブに立ち寄りました。ブダペストから4時間程。
zagreb24.jpg
こじんまりしていい街。オレンジ屋根がかわいい旧市街。

zabreb1.jpg
booking.comで抑えていた中心街の宿に到着。内装が趣味よくて広々快適な明るい部屋。ドッグフレンドリーで犬ベッドやフードボウルも完備w

zagreb2.jpg
宿前の道の様子。カフェやレストランの外席が充実している様子。

zagreb3.jpg
交通機関はブルーで統一。トラムもバスも。

zagreb4.jpg
イェラチッチ広場

zagreb5.jpg
イェラチッチ広場 観光・交通の中心部。

zagreb6.jpg
カテドラル前の広場

zagreb7.jpg
ドラツ市場(午後だったのですでに市場撤退後)

zagreb8.jpg
通りの名前はUl. Ivana Tkalčića(読めない・・・)。ずーっと外席が並ぶ飲み屋食事処通り。まだ早いうちからにぎわってました。この飲み屋食事処が連なって外席がにぎわう感じ、セルビアのニシにも通じるなぁ。旧ユーゴの街のスタイルなのかな。

zagreb9.jpg
クラフトビール処。気になる。

zagreb10.jpg
気になってる人もう一人・・・(結局後でここに戻ってきました)

zagreb11.jpg
いい感じ♪

zagreb12.jpg
でも飲む前にまずは旧市街上のほうを目指してみましょう。
新しい街散策好きのやる気の笑顔犬と。
とっても好感触です、ザグレブ!

(続く)



ランキング参加中★ 


  
クリック応援ありがとう♪
  


にほんブログ村

10:52 | 2016年クロアチア | comments (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。